藤原いくろうがアレンジ、ASKA「Breath of Bless」オーケストラver.のMV公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤原いくろうがアレンジ、ASKA「Breath of Bless」オーケストラver.のMV公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
藤原いくろうがアレンジ、ASKA「Breath of Bless」オーケストラver.のMV公開

藤原いくろうがアレンジ、ASKA「Breath of Bless」オーケストラver.のMV公開


 コロナ禍による日本各地のオーケストラの窮状を受け、指揮者・作編曲家の藤原いくろうが立ち上げたチャリティー企画『BoBプロジェクト』による楽曲が完成した。併せて、同曲のミュージック・ビデオが公開されている。

https://youtu.be/_cFBaGCEqSc

 公開されたのはASKAの楽曲「Breath of Bless」のオーケストラver.で、2018年のツアー【billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-】でASKAと共演した東京フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、九州交響楽団のメンバーに加え、ツアー全公演で共演したパーカッションの小野かほりが参加。藤原アレンジの譜面で、それぞれのメンバーが自宅や練習スタジオでレコーディングを行った。

 藤原は前述のツアーでアレンジ&指揮を担当。ASKAが“音楽の力で世の中を明るくしたい”と企画した「Breath of Bless」アレンジ企画の一環として、自身も携わる予定だったオーケストラとのコンサート企画の延期・中止が次々と決定していく中、関係者から日本各地のオーケストラの窮状を聞き、“今、自分にできることはないだろうか”と今回の『BoBプロジェクト』を立ち上げたという。

 完成した作品についてASKAは、自身のブログで「敢えて「壮大さ」を狙わず、「牧歌的」なテイクになっている」と綴っている。なお動画の説明欄には、新型コロナウィルスの感染拡大によって演奏料収入が壊滅し、団体存続危機に陥っているという6オーケストラへの寄付ページへのURLも記載されており、今後予定されている今作の配信収益も何らかの形で全国のオーケストラへ寄付される予定とのこと。

 また8月1日には、藤原の誕生日を記念した有料配信ピアノライブ【ハートの休日2020 ~Birthday Special~」も決定。「Breath of Bless」のピアノver.を披露される予定で、海外からのアクセスもできる形で準備中だという。


◎公演情報
【藤原いくろう 有料配信ピアノライブ「ハートの休日2020 ~Birthday Special~」】
2020年8月1日(土)開演 15:00
出演:藤原いくろう(ピアノ)
※詳細は後日発表


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい