『7月15日はなんの日?』ソロ・ギタリスト最高峰、ジョー・サトリアーニの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『7月15日はなんの日?』ソロ・ギタリスト最高峰、ジョー・サトリアーニの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『7月15日はなんの日?』ソロ・ギタリスト最高峰、ジョー・サトリアーニの誕生日

『7月15日はなんの日?』ソロ・ギタリスト最高峰、ジョー・サトリアーニの誕生日


 7月15日はギタリストのジョー・サトリアーニの64歳の誕生日。

 ジョー・サトリアーニは 1956年7月15日、アメリカ・ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。1986年にデビューしたサトリアーニは、翌87年に発表した『サーフィング・ウィズ・ジ・エイリアン』がインスト作品としては異例となる全米ビルボード29位のヒットを記録し、【グラミー賞】にもノミネートされた。その後、ミック・ジャガーのソロ活動やディープ・パープルのツアーへの参加で、“世界最高峰のソロ・ギタリスト”としてその名を広くロック界に知らしめることになった。

 卓越したテクニックで繰り出されるメロディアスなギターは、ブレイクから現在まで多くのギタリストの憧れの的であり、また、1996年から自身が主催するギタリストとの共演ツアー【G3】も人気を博し、これまでにスティーブ・ヴァイ、イングヴェイ・マルムスティーン、ポール・ギルバート、スティーブ・ルカサーらとツアーをともにしている。また、最近ではマイケル・アンソニー、サミー・ヘイガー、チャド・スミスと結成したスーパー・グループ、チキンフットとしての活動も話題に。

 今年4月には約2年ぶり通算17枚目のスタジオ・アルバム『Shapeshifting』(シェイプシフティング)をリリース。同作をひっさげたツアーは残念ながら2021年に延期となったが、スティーブ・ヴァイ、ジョン・ペトルーシを迎えてストリーミング・セッションを行うなど、精力的に活動を続けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい