【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ5週目の首位、故ポップ・スモーク初のTOP10入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ5週目の首位、故ポップ・スモーク初のTOP10入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ5週目の首位、故ポップ・スモーク初のTOP10入り

【米ビルボード・ソング・チャート】ダベイビー&ロディ・リッチ5週目の首位、故ポップ・スモーク初のTOP10入り


 ダベイビーの「ロックスターfeat.ロディ・リッチ」が5週目の1位をキープした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週から3%ほど減少したが、週間4,240万再生を記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは8週、R&B/ヒップホップ・ソング・チャート、ラップ・ソング・チャートではそれぞれ5週目の首位をキープした「ロックスター」。前週比16%減の13,000までダウンロード数を落としてはいるが、全体的に売り上げが落ちていることもあり、デジタル・ソング・セールス・チャートでも3位から2位に再浮上。エアプレイ・チャートでは、前週から17%増の5,420万回にオンエア数を上昇させ、今週の<Airplay Gainer>を獲得して10位から5位に、大きく順位を上げている。

 フィーチャリング・アーティストのロディ・リッチは、自身のリード曲「ザ・ボックス」が、今年の1月18日~3月28日付チャートまで11週間トップに居座り、「ロックスター」の記録を含めると通算16週目の首位を獲得したことになる。同年に16週を超えたアーティストは、昨年「オールド・タウン・ロード」が歴代最長の19週をマークしたリル・ナズ・X以来で、2020年度では最長記録となる。

 4月4日~5月2日(4月18日付チャートを除く)の計4週、首位獲得を果たしたザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」は、先週の3位から2位に再び上昇。エアプレイ・チャートでは、週間7,730万回を記録して、通算14週目の1位をキープしている。歴代記録では、セリーヌ・ディオン、アリシア・キーズ、パニック・アット・ザ・ディスコと並ぶ3位(タイ)に浮上した。

エアプレイ・チャート首位獲得記録
18週 グー・グー・ドールズ「アイリス」(1998年)
16週 ノー・ダウト「ドント・スピーク」(1996年)
16週 マライア・キャリー「ウィ・ビロング・トゥゲザー」(2005年)
16週 マルーン5「ガールズ・ライク・ユーfeat. カーディ・B」(2018年)
14週 セリーヌ・ディオン「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(1996年)
14週 アリシア・キーズ「ノー・ワン」(2007年)
14週 パニック・アット・ザ・ディスコ「ハイ・ホープス」(2018年)
14週 ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」(2020年)

 「ブラインディング・ライツ」は、R&Bソング・チャートでも17週目の首位獲得という凄まじい記録を更新中。同チャートの歴代最長記録は、ドレイクの「ワン・ダンスfeat.ウィズキッド&カイラ」(2016年)と、ブルーノ・マーズの「ザッツ・ワット・アイ・ライク」(2017年)、それから自身の「スターボーイfeat.ダフト・パンク」(2016年)が打ち立てた20週で、あと3週同位を維持できれば、その記録に並ぶ。

 先週2位にジャンプアップしたジャック・ハーロウの「ホワッツ・ポッピン」は、リミックスによるポイントが減少し、3位にダウンした。同リミックスには、ダベイビー、リル・ウェイン、トーリー・レインズが参加しているが、ダベイビーは今週6位に初登場した故ポップ・スモークの「フォー・ザ・ナイト」にも客演していて、計3曲のタイトルを同時に6位内に送り込んでいる。上位6位内に同時に3曲をランクインさせたのは、ビートルズ(1964年)、アッシャー(2004年)、50セント(2005年)、ジャスティン・ビーバー(2015~2016年)、ドレイク(2018年)、アリアナ・グランデ(2019年)に続く、歴代7組目の快挙。

 その「フォー・ザ・ナイトfeat.リル・ベイビー&ダベイビー」が収録されたポップ・スモークの遺作『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』は、今週のアルバム・チャート“Billboard 200”で2位以下と大差をつけ、No.1デビューを果たしている。本作からは、「フォー・ザ・ナイト」の他、11位に前述のロディ・リッチと50セントをフィーチャーした「The Woo」が初登場する等、収録曲全19タイトルが100位内にランクインしている。アルバム・ストリーミングは、2020年度としては4番目に高い2億6,844万再生(190,000ユニット)を記録し、「フォー・ザ・ナイト」は週間2,760万再生を打ち出して、ストリーミング・ソング・チャートでは2位にデビューした。

 Hot 100でのTOP10入りは、ポップ・スモークにとって初の快挙達成。ダベイビーは、前述の2曲に続く4曲目、もう1人のゲストであるリル・ベイビーは、6月27日付チャートで3位に初登場した「ザ・ビガー・ピクチャー」に続く、5曲目のランクイン。

 先週8位にTOP10入りした、ハリー・スタイルズの「ウォーターメロン・シュガー」は7位に、リル・モジーの「ブルーベリー・フェイゴ」は9位から8位に、それぞれ最高位を更新している。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは7月17日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「ロックスター」ダベイビーfeat.ロディ・リッチ
2位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
3位「ホワッツ・ポッピン」ジャック・ハーロウfeat.ダベイビー、リル・ウェイン、トーリー・レインズ
4位「サヴェージ」ミーガン・ジー・スタリオンfeat.ビヨンセ
5位「ローゼズ」セイント・ジョン
6位「フォー・ザ・ナイト」ポップ・スモークfeat.リル・ベイビー、ダベイビー
7位「ウォーターメロン・シュガー」ハリー・スタイルズ
8位「ブルーベリー・フェイゴ」リル・モジー
9位「セイ・ソー」ドージャ・キャット
10位「インテンションズ」ジャスティン・ビーバーfeat.クエイヴォ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい