現役高校生シンガー三阪咲、初の無観客生配信ライブ開催決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

現役高校生シンガー三阪咲、初の無観客生配信ライブ開催決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
現役高校生シンガー三阪咲、初の無観客生配信ライブ開催決定

現役高校生シンガー三阪咲、初の無観客生配信ライブ開催決定


 現役高校生シンガー三阪咲が、イープラスの動画ストリーミング・サービス「Streaming+」にて、7月25日に無観客配信ライブ【三阪咲 RAISE YOU UP! Live Streaming 2020 in Summer】の開催を決定した。

 三阪咲は、2003年生まれ、大阪府出身のシンガー・ソングライター。幼少よりダンス、ピアノ、ギターを習い、路上やライヴハウスなどで積極的に音楽活動を行ない、YouTubeやSNSを通じて名を広めてきた。

 本情報が発表となった7月3日は、先行販売の時点で全会場ソールドアウトの応募数となっていた、全国5箇所を巡る【One Man Live 2020「RAISE YOU UP!Vol.2」】のツアーファイナル、東京公演日であったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により、ライブが全て開催中止となっていた。それを受け、当初のツアー初日予定だった6月13日には、5か所に点在しているサポートバンドメンバーをリモートでつなぎ、生演奏を配信する過去に前例のない画期的なスタイルでの「緊急リモート生ライブ」をYouTubeで開催。配信開催のアナウンスは当日と、ライブ直前だったにも関わらず、リアルタイムで1万人近くの視聴数を記録した。

 そして、今回はツアーファイナルを予定していた会場のEX THEATER ROPPONGIへと場所を移し、サポートバンドメンバーと共に、ツアーと同様の有料ライブ生配信を予定している。現在放送中のABEMAオリジナル番組『今日、好きになりました。』の主題歌「私を好きになってくれませんか」をサポートバンドメンバーと会場で初パフォーマンスする他、新たに未発表の新曲も初披露する予定とのこと。また、チケットは発売開始されている。


◎配信情報
【三阪咲 RAISE YOU UP! Live Streaming 2020 in Summer】
2020年7月25日(土)20時~


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい