安斉かれん、京都橘高校吹奏楽部とコラボした新曲「僕らは強くなれる。」配信へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安斉かれん、京都橘高校吹奏楽部とコラボした新曲「僕らは強くなれる。」配信へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
安斉かれん、京都橘高校吹奏楽部とコラボした新曲「僕らは強くなれる。」配信へ

安斉かれん、京都橘高校吹奏楽部とコラボした新曲「僕らは強くなれる。」配信へ


 現在ドラマ『M 愛すべき人がいて』で主人公・アユを演じている安斉かれんが、ニュー・シングル「僕らは強くなれる。」を7月22日にリリースする。併せて、同曲のミュージック・ビデオがShort Ver.で公開された。

https://youtu.be/4-1ICdo-sS0

 「僕らは強くなれる。」は、何かに挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌。当初はシンプルなバンド・サウンドだったが、本人のアイデアによってブラス・アレンジが加えられた。「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」という歌詞は、安斉自身が音楽の道を志すきっかけにもなった吹奏楽部での活動を思い返した時に降って湧いた一文だという。

 ブラス・パートの演奏には、YouTubeでの関連動画の総再生回数が1億回を超える京都橘高校吹奏楽部(全日本マーチングコンテスト金賞受賞)が参加。このコラボレーション企画は2018年夏に始動し、管編曲における日本の第一人者、村田陽一によるアレンジと指導のもと、1年以上にわたるレッスンを経ている。なお間奏部分には、安斉本人もソプラノサックス奏者として参加した。

 また、公開されたミュージック・ビデオにも京都橘高校吹奏楽部が出演。振り付けには、will.i.amやミッシー・エリオットらを手掛けた野口量が率いる「blank」が迎えられた。

 なお、「僕らは強くなれる。」はサブスクリプション・サービス限定のリリースとなる。


◎安斉かれん - コメント
実は「僕らは強くなれる。」というタイトルだけでは不十分で
「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」
という歌詞が、本当に伝えたいメッセージです。

私自身も、吹奏楽部だった時に、
楽しい事も悔しい事も経験しました。

もっと色んなことに挑戦して頑張らないと!ですが、
結果は成功でも失敗でも、まずは挑戦すること!って
すごく大切だと、私は、思えるから!

破いたページの分だけ
「僕らは強くなれる。」
ぜひ、聴いてください。

◎リリース情報
シングル「僕らは強くなれる。」
2020/7/22 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい