【ビルボード】KinKi Kids「KANZAI BOYA」が192,326枚を売り上げ初登場で総合首位 あいみょん「裸の心」総合4位にジャンプアップ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】KinKi Kids「KANZAI BOYA」が192,326枚を売り上げ初登場で総合首位 あいみょん「裸の心」総合4位にジャンプアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】KinKi Kids「KANZAI BOYA」が192,326枚を売り上げ初登場で総合首位 あいみょん「裸の心」総合4位にジャンプアップ

【ビルボード】KinKi Kids「KANZAI BOYA」が192,326枚を売り上げ初登場で総合首位 あいみょん「裸の心」総合4位にジャンプアップ


 2020年6月29日付(集計期間:2020年6月15日~6月21日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、KinKi Kidsの「KANZAI BOYA」が総合首位を獲得した。

 KinKi Kidsの42枚目のシングル「KANZAI BOYA」は初週売上192,326枚を売り上げCDセールスで1位を獲得し、Twitterでも1位となり計2冠を獲得した。他指標ではルックアップ2位、ラジオ22位となり、コア・ファンの熱狂的なサポートが功を奏し、初登場で“JAPAN HOT 100”総合首位を制した。前作『光の気配』は176,310枚、前々作『会いたい、会いたい、会えない。』は187,143枚と、それぞれの初週売上を本作が超えており、総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で同じく首位を飾ったENDRECHERIの『LOVE FADERS』の同時リリースや、ENDRECHERIの過去作のストリーミング同日解禁も後押しして、好スタートを切った。

 あいみょんの「裸の心」は、シングル発売によりフィジカル2指標のポイントを積み上げて、前週10位から総合4位にジャンプアップした。シングル初動売上は10,420枚であいみょんは過去最高の初週売上をマーク。また、ダウンロードは前週11,067DLから20,320DLで2位、ストリーミングは前週2,952,194再生から当週4,162,825再生で6位と、デジタル2指標が牽引する一方で、フィジカル2指標でもCDセールス4位、ルックアップ3位とまずまずの結果に。これは「マリーゴールド」という国内初のストリーミングからの大ヒットを生みだしたあいみょんが、今回はフィジカルでも強さを発揮し、ファン層を着実に拡大していることがよく分かる結果といえる。


◎【JAPAN HOT100】トップ10
1位[-]「KANZAI BOYA」KinKi Kids(192,326枚・-・-)
2位[2]「夜に駆ける」YOASOBI(-・16,046DL・9,686,766再生)
3位[3]「香水」瑛人(-・15,767DL・7,601,013再生)
4位[10]「裸の心」あいみょん(10,420枚・20,320DL・4,162,825再生)
5位[1]「Mazy Night」King & Prince(33,883枚・-・-)
6位[4]「紅蓮華」LiSA(2,477枚・14,782DL・4,152,421再生)
7位[5]「Pretender」Official髭男dism(-・7,586DL・4,760,171再生)
8位[6]「I LOVE...」Official髭男dism(1,070枚・6,707DL・4,709,844再生)
9位[8]「白日」King Gnu(-・8,876DL・4,318,623再生)
10位[7]「MORE & MORE」TWICE(-・2,499DL・3,613,902再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい