アルカ、ロザリア参加の“サイバーパンク・レゲトン”ナンバー「KLK」を発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アルカ、ロザリア参加の“サイバーパンク・レゲトン”ナンバー「KLK」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アルカ、ロザリア参加の“サイバーパンク・レゲトン”ナンバー「KLK」を発表

アルカ、ロザリア参加の“サイバーパンク・レゲトン”ナンバー「KLK」を発表


 待望の最新アルバム『KiCk i』のリリースを控えるベネズエラ出身の奇才、アルカことアレハンドロ・ゲルシが、スペインの“アーバン・フラメンコの歌姫”として世界中から注目を集めるロザリアとのコラボ・シングル「KLK」のダウンロード/ストリーミング配信を開始した。同シングルが収録されているアルカの最新作『KiCk i』は6月26日にダウンロード/ストリーミングで配信開始され、7月17日に国内盤CD/輸入盤CD&LPが発売となる。

 今回公開された新曲「KLK」は、ヒップホップとラテン音楽が融合したレゲトンにサイバーパンクの要素が加わった“サイバーパンク・レゲトン”。アルカとロザリアのコラボレーションは、ロザリアが【ラテン・グラミー賞】2部門を受賞した際の授賞パフォーマンスにアルカのヴォーカルが使われていたことから発展していったという。また、「KLK」はアルカの長年の友人でありコラボレーターでもあるベネズエラ人プロデューサーのカードプッシャーと共同プロデュースし、独特の催眠術にかかりそうなリズムにはアルカとカードプッシャーが聴いて育ったレゲトンの影響が感じられると共に、ロザリアのヴォーカルがアルカのヴォーカルと交わり独特な官能美が生まれる。

 最新作『KiCk i』の国内盤CDには、歌詞対訳と解説が封入されるほか、輸入盤CDとは異なる国内盤CD限定の盤面デザインを起用し、ボーナス・トラックを追加収録する。現在iTunes Storeでアルバムを予約すると、既に公開されている「Nonbinary」 「Time」「Mequetrefe」と今回公開された「KLK」がいち早くダウンロードできる。

◎リリース情報
アルバム『KiCk i』
2020/7/17 RELEASE
国内盤CD:XL997CDJP / 2,200円(plus tax)
ボーナス・トラック追加収録 / 国内盤CD限定盤面デザイン
<トラックリスト>
01. Nonbinary
02. Time
03. Mequetrefe
04. Riquiqui
05. Calor
06. Afterwards ft. Bjork
07. Watch ft. Shygirl
08. KLK ft. ROSALIA
09. Rip The Slit
10. La Chiqui ft. SOPHIE
11. Machote
12. No Queda Nada
13. Mirrors ※Bonus Track for Japan


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい