『6月17日はなんの日?』米音楽界の大御所シンガーソングライター、バリー・マニロウの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『6月17日はなんの日?』米音楽界の大御所シンガーソングライター、バリー・マニロウの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『6月17日はなんの日?』米音楽界の大御所シンガーソングライター、バリー・マニロウの誕生日

『6月17日はなんの日?』米音楽界の大御所シンガーソングライター、バリー・マニロウの誕生日


 6月17日は「哀しみのマンディ」(1974年)や「コパカバーナ」(1978年)などのヒット曲で知られるアメリカの大御所シンガーソングライター、バリー・マニロウの77歳の誕生日。

 バリー・マニロウは1943年6月17日、アメリカ・ニューヨーク市ブルックリン生まれ。1970年代に「哀しみのマンディ」(1974年)、「歌の贈りもの」(1975年)、「想い出の中に」(1977年)の3曲で全米ビルボードNo.1を獲得したマニロウは、アダルト・コンテンポラリー・チャートにおいて、キャリアを通じて30曲近くの楽曲をトップ10内に送り込み、“アダルト・コンテンポラリー界のレジェンド”として世界的に高い人気と知名度を誇っている。また、プライベートでは2014年に長年マネージャーを務めてきたギャリー・キーフとの極秘同性婚を報じられたことを機に自身がゲイであることを公にしている。

 今年2月に2014年に全米ビルボード8位を記録したカバー・アルバム『Night Songs』の続編となる『Night Songs II』をリリース。5月から6月にかけて行われる予定だったイギリス・ツアーは2021年へと延期となったが、現段階では9月17日より開催される今年2度目のラスベガスでのレジデンシー公演よりコンサートを再開予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい