【先ヨミ】氷川きよし初のポップスアルバム『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が現在首位 スカイピース、NU’ESTが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】氷川きよし初のポップスアルバム『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が現在首位 スカイピース、NU’ESTが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】氷川きよし初のポップスアルバム『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が現在首位 スカイピース、NU’ESTが続く

【先ヨミ】氷川きよし初のポップスアルバム『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が現在首位 スカイピース、NU’ESTが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年6月8日~6月10日の集計が明らかとなり、氷川きよしの『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』が12,149枚を売り上げて首位を走っている。

 氷川きよし初のポップス・アルバムとなる今作には、GReeeeNが作詞・作曲を手掛けた「碧し」や、いきものがかりの水野良樹が作詞・作曲を手掛けた「おもひぞら」など、全14曲が収録されている。氷川きよしは、6月13日オンエアのNHK『SONGS』で、本作の収録曲「限界突破×サバイバー」、「ボヘミアン・ラプソディ」、「パピヨン」を歌唱する予定だ。

 続いて、YouTuberユニット・スカイピースの3rdアルバム『青青ソラシドリーム』が速報トップ5入り。同作は初動3日間で6,131枚を売り上げており、2019年6月にリリースした2ndアルバム『BE BOY』の初週売上6,333枚を早くも上回りそうな勢いを見せている。そんな『青青ソラシドリーム』に僅か87枚差で迫っているのが、NU’ESTの『The Nocturne』だ。本作は、2019年10月にリリースされた前作『The Table』から約8か月ぶり、8枚目のミニ・アルバムとなる。

 2020年6月15日付のアルバム・セールス・チャート(集計期間:6月1日~6月7日)で1位を獲得したmiletの『eyes』は、リリース2週目も3,788枚を売り上げ現在4位を走行中。累計売上枚数は31,000枚を突破した。5位には、声優・鬼頭明里の1stアルバム『STYLE』がチャートイン。鬼頭明里は、9月より本作を引っ提げた東名阪ツアーを開催する予定で、ライブの模様は有料で生配信も予定されている。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年6月8日~6月10日)
1位『パピヨン‐ボヘミアン・ラプソディ‐』氷川きよし(12,149枚)
2位『青青ソラシドリーム』スカイピース(6,131枚)
3位『The Nocturne』NU’EST(6,044枚)
4位『eyes』milet(3,788枚)
5位『STYLE』鬼頭明里(3,634枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい