すとぷり、夏に無観客ライブを開催「この夏、最高の思い出を作れるように」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

すとぷり、夏に無観客ライブを開催「この夏、最高の思い出を作れるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
すとぷり、夏に無観客ライブを開催「この夏、最高の思い出を作れるように」

すとぷり、夏に無観客ライブを開催「この夏、最高の思い出を作れるように」


 すとぷりが、2020年6月7日夜に自身のYouTube公式チャンネルで配信した生放送内で、東京ドーム公演の中止と、グループとして2度目の無観客ライブを行うことを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年8月に開催を予定していた東京ドーム公演をやむなく中止することが発表された。リーダーのななもり。は、「3月21日の無観客ライブで、今年の夏に、東京ドームでライブをすることを発表しました。発表してから、メンバーやスタッフ、関係者の皆さんと何度も何度も相談をしてきました。」と、開催に向けて協議を進めていたという。しかし、「『どうやったら、みんなが安心してライブに来れるか?』すぐに諦めるんじゃなくて、本当に最後の最後の限界ギリギリまで、開催したい方向で可能性を探ってきましたが、今の世の中の状況を踏まえると、やはり今回はライブをやるべきではないと考えました。期待してくれていたリスナーさんには本当に申し訳ないです。ナゴヤドーム、東京ドームは、僕たちにとって、本当に叶えたい夢であり挑戦だと思っていて、このライブを特別なものにしたいとがんばってきました。でも苦しいけれど、ここで無理やりライブをやることは良くないことだと思いましたし、このまま結論を出さずにリスナーさんをお待たせするのも申し訳ないと思っていました。」と、ファンへ謝罪した。

 しかし、「これは悲しいお知らせではあるけれど、前向きなお知らせでもあると思っています。コロナウイルスの影響で、今までの“当たり前”が変わってきていて、未来の予定を全く決めることはできないけれど、そんな中で、問題に向き合って決断できたことは、とても価値があることだと思っています。とにかく今は明るく、前向きに進むしかないし、僕たちはがんばることしかできない。僕たちはこのままで終わるわけにはいきません!」と前向きに考え、「嬉しいお知らせもしたいということで、今年の夏、2度目の無観客ライブをします! 奪われたなら作ればいい。この夏、最高の思い出を作れるように、後ろ向きの“悲しい”より、前向きな“楽しい”をみんなに届けたい。」と、朗報も伝えられた。

 ななもり。は、「この4年間楽しいこと悲しいこと苦しいこといろんな事がありました。僕たちの頑張りだけではどうにもならないこともある。声を上げてくれている君が、どうしたら楽しんでくれるのか? 今回のことも自分たちに与えられた試練だと思っています。無観客ライブ、まだ、何も決まっていません!(笑)悔しい気持ちもたくさんあるけど、どこか頑張らなきゃと思っている自分がいます。逆境だからこそ、頑張ろうって燃えている自分がいます! ここを乗り越えたらもっと僕たちはもっと強くなれる! がんばろう!」と、意気込みを語った。無観客ライブの詳細は、後日される。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい