ドアーズからS・スタローンの弟まで…『ランボー』に登場した楽曲を紹介 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドアーズからS・スタローンの弟まで…『ランボー』に登場した楽曲を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ドアーズからS・スタローンの弟まで…『ランボー』に登場した楽曲を紹介

ドアーズからS・スタローンの弟まで…『ランボー』に登場した楽曲を紹介


 シルベスター・スタローンの世界的代表作である『ランボー』シリーズの最新作にして最終章『ランボー ラスト・ブラッド』が、2020年6月26日より全国公開されるのを記念して、本作に登場する楽曲とともに今までのシリーズで流れていた楽曲を紹介しよう。

 シルベスター・スタローン演じるジョン・ランボーは、かつてアメリカ陸軍特殊部隊、通称グリーンベレーの兵士として、ベトナム戦争を生き抜いた兵士だ。帰還してからは戦争の悪夢に悩まされながらも、伝説の戦闘マシンとして、世界各地で戦いに身を投じてきたランボーも、今ではアメリカに帰国し、故郷アリゾナの牧場で古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、“家族”として穏やかな生活を送っていた。しかしガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致され、事態は急転。愛する娘を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始める――。

◎「It's a Long Road」(作曲:ジェリー・ゴールドスミス、歌:ダン・ヒル)
シリーズ1作目『ランボー』の主題歌。本作で描かれる祖国の為に戦ったベトナム帰還兵に対するアメリカ国民からの冷たい仕打ちを受けたランボーの辛く孤独な心情を体現した歌詞に乗せて流れる哀愁たっぷりなメロディーは、まさに『ランボー』の世界観にぴったりだ。シリーズのファンの中で『ランボー』と言えばこの主題歌という者も多い。

◎「Peace In Our Life」(作曲:ジェリー・ゴールドスミス、歌:フランク・スタローン)
シリーズ2作目『ランボー/怒りの脱出』の主題歌を歌うのは、なんとシルベスター・スタローンの弟フランク・スタローン。俳優でもある彼は兄シルベスターの『ロッキー』シリーズで歌手役としても出演し、【ゴールデングローブ賞】と【グラミー賞】のノミネート経験もあるソングライターだ。同曲の作曲をシリーズ1作目の音楽を担当していたジェリー・ゴールドスミスが務めることで、シリーズの雰囲気をより一層楽しむことができる。

◎「Five To One」(ドアーズ)
シリーズ最終章となる『ランボー ラスト・ブラッド』では、シリーズで初めてランボーが自室でレコードを聴くシーンが収められており、ドアーズのこの楽曲が流れる。ドアーズは1960年代~70年代に活躍したアメリカのロックバンドで、ベトナム戦争や、その後の数々の戦いを終え、祖国アメリカで穏やかな生活を送り始めたランボーの家族との生活の中で得ることのできた心の平穏さを垣間見ることのできる重要なシーンを彩る重要な音楽でもある。

 本作のサウンドトラックを前作『ランボー/最後の戦場』に引き続きブライアン・タイラーが手掛ける。今までに70作品以上もの映画の作曲を手掛けたブライアンは、2014年の【キュー・アワード】で、<フィルム・コンポーザー・オブ・ザ・イヤー>に選ばれている。タイラーは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『ワイルド・スピード SKY MISSION』、『アイアンマン3』、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』、そしてビッグバンドによるジャズ音楽やロマンチックな弦楽器のスコアなどを取り入れて2019年の【アカデミー賞】で<作曲賞>のショートリスト入りを果たした大ヒット映画『クレイジー・リッチ!』など、多くの大ヒット映画を手掛けてきた。さらに、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた『イーグル・アイ』や、トム・クルーズ主演の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』、公開時の興行収入最高記録を樹立した『ワイルド・スピードICE BREAK』などの作曲も手掛け、ハリウッドでなくてはならない人物だ。そんな彼が手掛ける本作の楽曲の数々にも注目してほしい。

 本作のメガホンをとるエイドリアン・グランバーグ監督は「この家庭生活は、今までのシリーズ作品で我々が見たことのなかったランボーの一面を見せている。我々は、もっと人間的なランボーを描きたかったんだ。」と語り、シルベスター・スタローンも「彼は今回の作品で初めて、人間であること、また、人間であること、また、誰かの為に生きるとはどんなことなのかを理解する。」と、ランボーにも血の通った人間性のある一面が描かれていることを明かしている。孤独であったランボーが、ようやく手に入れた愛すべき存在が奪われた時、ランボーの怒りが再び爆発。40年にも渡る『ランボー』シリーズの完結となる本作を、ランボーの怒りによって繰り広げられる激しいアクションだけでなく、音楽シーンにも注目してみると、より一層楽しむことができるだろう。


◎公開情報
『ランボー ラスト・ブラッド』(R15+)
2020年6月26日(金)より全国公開
監督:エイドリアン・グランバーグ
出演:シルベスター・スタローン、パス・ベガ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、アドリアナ・バラーサ、マリア・ベルトラン、イヴェット・モンレアル、オスカル・ハエナダほか
配給:ギャガ
(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい