山川 豊、新曲発売をYouTubeで発表「どん底から這い上がる男の演歌。自信作です」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山川 豊、新曲発売をYouTubeで発表「どん底から這い上がる男の演歌。自信作です」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
山川 豊、新曲発売をYouTubeで発表「どん底から這い上がる男の演歌。自信作です」

山川 豊、新曲発売をYouTubeで発表「どん底から這い上がる男の演歌。自信作です」


 演歌歌手の山川 豊が2年2か月ぶりとなる新曲「拳」を6月24日にリリースする。自身がYouTubeにあげた動画で発表した。
https://youtu.be/oJhEbRg1nLw

 山川は動画の中で自ら同曲を語り、自らカセットプレイヤーのプレイボタンを押し、聴かせるというデジタルかつアナログなやり方で発表。「この曲は、どん底から這い上がる男の生き様を描いた演歌です。こういう時期でもありますし、心を込めて歌いました。自信作です!」と語っている。

 新曲「拳」は作詞・松井由利夫、作曲・水森英夫という大ヒットコンビによる楽曲。歌詞とメロディ自体は松井由利夫の生前(2009年に他界)に出来上がっていたが、山川のスタッフの中で“まだ時代が早い”と長年温められてきたという。プロボクサーライセンスやプロボクシングトレーナー保持者である山川のイメージにもぴったりだ。

 「拳」は冷たい世間の風の中、どん底から握り拳ひとつで這い上がる男の優しさ、強さ、生き様を赤裸々に描く。そんな世界観が、緊急事態宣言は解けたもののまだまだ見通しが効かない今の世の中の空気感にはまる。

 以前よりYouTube上で食事制限やトレーニングで減量している様子を見せる「減量への道」シリーズや、世間のいろいろな事件に喝を入れる「山川豊のNEWSノックアウト」シリーズなど、音楽以外にもYouTubeを活用してファンを楽しませている山川豊。TikTokでもシャドーボクシングをネタにしたダンスを披露したり、ダンスで紅白出場回数クイズを出したりと、ステイホームな世の中にエンタテイメントを提供している。

 山川は、「コロナが少し収まったとしても決して油断をせず、まだまだ用心することが大事です。僕らができるのは、不要不急の外出を控えたり、うがい手洗いを徹底することです。またいつか生の歌を聞けるようになるまで、この『拳』を聴いて待っていてほしいなと思います。早くお会いできるのを僕も楽しみにしております。」と話す。


◎リリース情報
シングル「拳」
2020/6/24 RELEASE
UPCY-5087 / UPSY-5087(CD / カセット) 1,350円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい