『5月20日はなんの日?』東海岸のレジェンド・ラッパー、バスタ・ライムスの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『5月20日はなんの日?』東海岸のレジェンド・ラッパー、バスタ・ライムスの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『5月20日はなんの日?』東海岸のレジェンド・ラッパー、バスタ・ライムスの誕生日

『5月20日はなんの日?』東海岸のレジェンド・ラッパー、バスタ・ライムスの誕生日


 5月20日はアメリカ・ニューヨーク州ブルックリン出身のラッパー、バスタ・ライムスの48歳の誕生日。

 バスタ・ライムスは1972年5月20日生まれ。16歳の頃に友人とヒップホップ・ユニット=リーダース・オブ・ニュースクール(L.O.N.S)を結成したバスタは、91年にア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)の「シナリオ」にフィーチャーされたことで注目を集め、L.O.N.Sとしての活動を経て、1996年に『ザ・カミング』でソロ・デビュー。アルバムは全米6位、シングル「ウー・ハー!!ゴット・ユー・オール・イン・チェック」が全米ビルボード8位の大ヒットを記録し、その強烈で個性的なキャラクターで一躍シーンの中心人物となった。

 その後もヒットアルバムを連発し、2006年にはアルバム『ザ・ビッグ・バン』で初の全米ビルボードNo.1を獲得。2008年にはリンキン・パークとの異色の競演シングル「ウィ・メイド・イット」も話題を呼んだ。2010年代に入ってからも、クリス・ブラウン、ニッキー・ミナージュ、エミネム、アンダーソン・パークなど多数のアーティストとのコラボレーションを行ってきたバスタは、2017年の【グラミー賞授賞式】で、盟友ATCQとともに痛烈な政治&大統領批判を含んだパフォーマンスを行うなど、移り変わりの激しいシーンのなかでも20年以上にわたり第一線で活躍を続けてきた。2018年にミッシー・エリオットとケリー・ローランドをフィーチャーしたシングル「ゲット・イット」を発表して以降、スタジオ・アルバムのリリースに向けてファンの期待も高まっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい