【先ヨミ】MAN WITH A MISSIONのリミックス・アルバムが現在首位 実力派シンガー達のカバーアルバムがトップ5に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】MAN WITH A MISSIONのリミックス・アルバムが現在首位 実力派シンガー達のカバーアルバムがトップ5に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】MAN WITH A MISSIONのリミックス・アルバムが現在首位 実力派シンガー達のカバーアルバムがトップ5に

【先ヨミ】MAN WITH A MISSIONのリミックス・アルバムが現在首位 実力派シンガー達のカバーアルバムがトップ5に

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年5月11日~5月13日の集計が明らかとなり、MAN WITH A MISSION『MAN WITH A “REMIX” MISSION』が12,489枚を売り上げて首位を走っている。

 『MAN WITH A “REMIX” MISSION』は、2020年に10周年イヤーを迎えるMAN WITH A MISSIONのアニバーサリーイヤーリリース第2弾。本作には、シングルに収録されていたリミックス曲と、新録リミックス計12曲が収録されている。4月1日にリリースされたアニバーサリーイヤーリリース第1弾『MAN WITH A “B-SIDES&COVERS” MISSION』は、初動3日間で14,627枚を売り上げており、本作はそれを少し下回る12,489枚を現在までに売り上げている。

 『MAN WITH A “REMIX” MISSION』を424枚差で追うのが、Rain Drops『シナスタジア』。Rain Dropsは、バーチャルライバーグループ「にじさんじ」の新ユニットで、ユニット名義では初のCDリリース作品となる。

 3位~5位には、実力派ソロシンガーのカバー曲が楽しめる作品が並んだ。まず3位には、角松敏生『EARPLAY ~REBIRTH 2~』が6,135枚を売り上げチャートイン。本作は、2012年にリリースした『REBIRTH1』に続く、セルフカバー及び洋楽カバーアルバム第2弾となる。4位の絢香『遊音倶楽部 ~2nd grade~』も、2013年リリース『遊音倶楽部~1st grade~』から約7年ぶりとなるカバーアルバム第2弾で、中島みゆき「糸」や、サカナクション「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」など、計10曲が収録されている。

 家入レオの初EP作『Answer』は、アニメ『メジャーセカンド』第2シーズンのオープニング・テーマ「Answer」が表題曲として収録されているほか、リクエスト企画で集まった約1万通にもおよぶメールを元に、YEN TOWN BAND「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」や、エレファントカシマシ「悲しみの果て」など、家入レオ自らが厳選したカバー5曲が収録されている。
 

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年5月11日~5月13日)
1位『MAN WITH A “REMIX” MISSION』MAN WITH A MISSION(12,489枚)
2位『シナスタジア』Rain Drops(12,065枚)
3位『EARPLAY ~REBIRTH 2~』角松敏生(6,135枚)
4位『遊音倶楽部 ~2nd grade~』絢香(4,749枚)
5位『Answer』家入レオ(3,656枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい