【ビルボード】HKT48『3-2』が8,449枚でSGセールス首位返り咲き ラストアイドル/Snow Man vs SixTONESが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】HKT48『3-2』が8,449枚でSGセールス首位返り咲き ラストアイドル/Snow Man vs SixTONESが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】HKT48『3-2』が8,449枚でSGセールス首位返り咲き ラストアイドル/Snow Man vs SixTONESが続く

【ビルボード】HKT48『3-2』が8,449枚でSGセールス首位返り咲き ラストアイドル/Snow Man vs SixTONESが続く


 HKT48の『3-2』が8,449枚を売り上げて、2020年5月18日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得した。

 本作は指原莉乃の卒業後、初となるHKT48の13作目のシングル。4月22日に発売され、初週172,981枚で初登場1位を獲得。今週は3週目のチャートインで首位に返り咲きを果たし、累計182,490枚を売り上げた。続く2位はラストアイドル『愛を知る』が獲得。こちらは4月15日にリリースされた8thシングル。4月27日付のシングル・セールス・チャートで67,569枚を売上首位を獲得し、今回4度目のチャートインで46位から2位へと大きく浮上した。

 そして3位はSnow Man vs SixTONES『D.D. / Imitation Rain』。月曜から水曜までの売上を集計した速報チャート「先ヨミ」時点では2,145枚を売り上げトップを走っており、13週ぶりの首位が期待されていた。そして週の後半も、さらに約4,000枚と売り上げを伸ばしたが、惜しくも3位となった。

 その他、トップ5内で初登場を果たしたのは5位のThe Cat's Whiskers×悪漢奴等『Paradox Live Stage Battle“JUSTICE”』のみ。Paradox Liveとは、2019年11月に発表されたエイベックス・ピクチャーズとジークレストによる“HIPHOPメディアミックスプロジェクト”で、本作は5月8日にリリースされ4,101枚を売り上げている。



◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2020年5月4日~5月10日までの集計)
1位『3-2』HKT48 (8,449枚)
2位『愛を知る』ラストアイドル (7,199枚)
3位『D.D. / Imitation Rain』Snow Man vs SixTONES (6,178枚)
4位『しあわせの保護色』乃木坂46 (5,118枚)
5位『Paradox Live Stage Battle“JUSTICE”』The Cat's Whiskers×悪漢奴等 (4,101枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい