WONKがニューアルバム『EYES』収録曲公開、予約限定版にはARの仕掛けも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

WONKがニューアルバム『EYES』収録曲公開、予約限定版にはARの仕掛けも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
WONKがニューアルバム『EYES』収録曲公開、予約限定版にはARの仕掛けも

WONKがニューアルバム『EYES』収録曲公開、予約限定版にはARの仕掛けも


 フューチャー・オルタナティブ・バンド、WONKがリリースする4枚目のフルアルバム『EYES』の収録曲が明らかになった。

 EP『Moon Dance』全曲とシングル「Signal」、新たなWONKサウンドの幕開けを感じさせる「HEROISM」など、新曲10曲を含む全17曲を収録する同作。高度な情報社会における多様な価値観と宇宙をテーマに、様々な作家と共同で脚本を作り上げ、架空の映画“EYES”のサウンドトラック的な内容となり、イントロダクションから幕を開け、それぞれの楽曲が物語を紡いでいく。

 WONKのリーダー荒田洸(Dr)は下記のとおりコメントを寄せている。


 今回リリースするアルバム『EYES』は様々な価値観が交差する現代社会にむけたコンセプトアルバムです。
 SNSの普及で多くの人が自分の価値観を共有できるようなった昨今、自分が親しいコミュニティーや自分に都合の良い情報で周りが塗り固められている状況が多くなってきているように感じます。エコーチェンバーという言葉で表現されるような状況は果たして健康的な状態といえるのでしょうか。自分の周り、そして自分とは離れた場所、違った価値観の元で生活する様々な『EYES』はそれが自分の価値観とは合わないように思えても自らの人生においてきっと何かしらの糧となるはずです。
 今回のアルバムは楽曲そしてアートブックを通して様々な『EYES』を受け入れ人生を通して考え続けることの意味を提示し、人々になにかしらのアクションが起きることを望んで制作しました。それはリスナー側と同時に作る側である我々自身への問いかけでもあり、作品を通して起こりうるアクションが皆さんの人生にとって何かしらプラスになりますようWONK一同願っています。


 なお、特殊仕様となるアートブック+CDには、楽曲1曲ごとにCGビジュアルイメージと歌詞/対訳が描かれる他、ARの仕掛けが施され視覚的にも音楽に没入できる内容となる。3D CGは、新進気鋭のアーティストnagafujirikuが手掛け、装丁はグラフィック・デザイナー真壁昂士が担当した。アートブック+CD版は、完全予約限定生産となる。


◎リリース情報
アルバム『EYES』
2020/6/17 Digital Release

[ART BOOK+CD]
2020/6/24 Release
完全予約限定作品
POCS-23906 8,800円(tax in)

■収録曲
00. Introduction #5 EYES
01. EYES
02. Rollin’
03. Orange Mug
04. Sweeter, More Bitter
05. Filament
skit
06. Mad Puppet
07. Blue Moon
08. Signal
09. Esc
skit
10. Third Kind
11. Depth of Blue
12. If
13. HEROISM
skit
14. Fantasist
15. Nothing
16. Phantom Lane
skit
17. In Your Own Way

<特殊仕様>
・LPサイズ:AR対応ART BOOK[約30?×30cm/24 P(予定)] + CD
・WONK初の歌詞+対訳入り


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい