故マック・ミラー、2010年のミックステープ『K.I.D.S.』がストリーミング解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故マック・ミラー、2010年のミックステープ『K.I.D.S.』がストリーミング解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故マック・ミラー、2010年のミックステープ『K.I.D.S.』がストリーミング解禁

故マック・ミラー、2010年のミックステープ『K.I.D.S.』がストリーミング解禁


 現地時間2020年4月29日、故マック・ミラーを一躍スターダムにのし上げた、2010年のミックステープ『K.I.D.S.』のストリーミングが解禁になった。

 昨年8月、『K.I.D.S.』の発売元である<Rostrum Records>の創業者Benjy Grinbergは、近い将来に今作をストリーミング・サービスでリリースすると発表していた。その際、彼は「この度、マックとRostrumが、初めて一緒にリリースしたミックテープが9周年を迎えたこと記念して、“K.I.D.S.”を年内にストリーミング配信することを発表できて光栄です」と綴っており、「“Macadelic”のリリース後、彼は次に今作の(サンプルなどの)許諾を得ることができるか聞いてきました。とても困難な作業ですが、どうにか試みています。マックのことが毎日恋しいですし、彼の音楽が生き続けるようにすることが私たちの仕事です。愛しているよ、マック」と述べていた。

 故マックにとって4作目のミックステープとなった『K.I.D.S.』には、初期の傑作「Kool Aid and Frozen Pizza」やブラック・ダイアモンドがプロデュースした「Nikes on My Feet」などが収録されており、そのヒップホップのサンプリング・センスは聴くものを魅了した。

 マックの遺族は、彼の死後初となるニュー・アルバム『Circles』を今年1月に発表した。【グラミー賞】にノミネートされた2018年の『Swimming』に次ぐこの新作について、彼の両親は「マルコム(ミラーの本名)が亡くなった時、“Swimming”のコンパニオン・アルバムである“Circles”というアルバムのレコーディング作業の真っ最中だった。2つの違うスタイルがお互いを引き立たせながら、一つの円を完成させる―そのコンセプトは“Swimming in Circles”だった」と語っていた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい