starRo別名義のPOPS研究会、新曲「Shibuya」はオランダ人プロデューサー・マイダスハッチと共作 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

starRo別名義のPOPS研究会、新曲「Shibuya」はオランダ人プロデューサー・マイダスハッチと共作

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
starRo別名義のPOPS研究会、新曲「Shibuya」はオランダ人プロデューサー・マイダスハッチと共作

starRo別名義のPOPS研究会、新曲「Shibuya」はオランダ人プロデューサー・マイダスハッチと共作


 starRoこと溝口真矢による別名義の音楽プロジェクト、POPS研究会がニュー・シングル「Shibuya」をリリースした。

 POPS研究会にとって初のコラボレーション作品となるもので、トラックはアムステルダム拠点のオランダ人プロデューサー、マイダスハッチ(Midas Hutch) との共作。ボーカルはPOPS研究会が担当している。

 楽曲のモチーフである渋谷について、マイダスハッチは「7年前に初めて日本を訪れて以来、渋谷のエネルギーが私の人生に与えたポジティブな影響については、いくらでも書くことができます。2018年に私とPOPS研究会が出会った場所でもあります。」と思い入れを語っており、「この賑やかな場所への賛歌を一緒に作ることができたことが、何よりも嬉しいです」と今回のコラボについてコメントしている。

 なお、マイダスハッチのYouTubeチャンネルでは同曲のリリック・ビデオも公開中。賑やかな渋谷の様子を映した映像となっている。

https://youtu.be/6p1RUxKuFv0


◎マイダスハッチ - コメント
原文:I can write a million words on the positive impact that Shibuya's energy had on my life, ever since I visited Japan for the first time 7 years ago. It's also the neighbourhood where me and Pops met in 2018. We both have different memories, and enjoyed different experiences in Shibuya. I am more than happy that we could come together and make this ode to a buzzing area together.
日本語訳:7年前に初めて日本を訪れて以来、渋谷のエネルギーが私の人生に与えたポジティブな影響については、いくらでも書くことができます。2018年に私とPOPS研究会が出会った場所でもあります。それぞれ渋谷に違った思い出があり、それぞれ渋谷で違った体験をして楽しんでいました。この賑やかな場所への賛歌を一緒に作ることができたことが、何よりも嬉しいです。

◎POPS研究会(starRo・溝口真矢) - コメント
みんな何かを期待してこの街に足を踏み入れ、つかめない何かを追って自滅の沼にハマり朝を迎える。そんな性をもった者が寄り合い、自己肯定のためにこの街にまた戻ってきてしまう。僕は、人間は、渋谷は、ずっと変わらない。

◎リリース情報
シングル「Shibuya」
2020/4/29 RELEASE
作曲・プロデュース:POPS研究会 & Midas Hutch
作詞・ボーカル:POPS研究会
アートワーク:Leo Youlagi
ミックス:Franklin Groen
マスタリング:Jeffrey “DaGoose” de Gans
Published by:SESAC & Copy Control


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい