<コラム連載>でんぱ組.incが実現させた「完全リモートワークの楽曲&MV制作」~社会変動のさなかでのアーティスト/音楽業界の動き~ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<コラム連載>でんぱ組.incが実現させた「完全リモートワークの楽曲&MV制作」~社会変動のさなかでのアーティスト/音楽業界の動き~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<コラム連載>でんぱ組.incが実現させた「完全リモートワークの楽曲&MV制作」~社会変動のさなかでのアーティスト/音楽業界の動き~

<コラム連載>でんぱ組.incが実現させた「完全リモートワークの楽曲&MV制作」~社会変動のさなかでのアーティスト/音楽業界の動き~


 コロナウィルスの感染拡大で、社会全体が大きな変動のさなかにある。エンタテインメント業界も大きく打撃をうけるなか、アーティストは、そして音楽業界はどんなアクションを起こしているのか。様々なトピックを取り上げその動きを伝えていこうと思う。

 まず今回は、新曲「なんと!世界公認 引きこもり!」を完全リモートワークで制作、オンラインでレコーディングから振り付け、MV制作まで行い急遽発表したでんぱ組.incの動きを紹介したい。

 ニューアルバム『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』を4月15日にリリースしたでんぱ組.inc。しかしCDショップで予定されていた販促イベントは延期となり、5月2日からの全国ツアー【THE FAMILY TOUR 2020】も全公演の開催が中止となった。

 こうして発売日近辺のグループの活動が止まってしまうことが決まったことを受け、でんぱ組.incチームは「オンラインで新曲を作ろう」と思い立つ。発案者はロデューサーのもふくちゃんこと福嶋麻衣子、ディレクターのYGQの2人だ。

 4月6日深夜、もふくちゃんが「いま、YGQと浅野尚志さんとでんぱ組.incの楽曲をなんとかオンライン上でやり取り公開しながら作れないかな~と、話しています!」とツイート。そこから楽曲制作はかなりの速さで進められた。



いま、YGQと浅野尚志さんとでんぱ組.incの楽曲をなんとかオンライン上でやり取り公開しながら作れないかな~と、話しています!(リアルタイム)
— もふくちゃん/福嶋麻衣子 (@mofuku) April 6, 2020




 数時間後には作曲家の浅野尚志が「急遽はじまった新曲製作」と「#でんぱ新曲作るんさ」のハッシュタグを投稿し、翌4月7日にはデモ音源を公開。



できた~Twitterの動画尺140秒に詰め込んだ!唐突な人の声はみんなでシンガロングしたい
そして作詞はヒャダインさん!@HyadainMaeyamad よろしくお願いします!
どうなっていくのかとても楽しみ#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/xNQSnh5Jj1
— 浅野尚志 (@takapiasano) 2020年4月7日




 同日に、前山田健一に作詞を、釣俊輔(agehasprings)に編曲をオファー。前山田健一はその日のうちに歌詞を完成させ、仮歌を録音した。



僕の仮歌と書きたてホヤホヤの歌詞です。

なんと!世界公認の引きこもり!https://t.co/ltneft3Nct
— ヒャダイン こと 前山田健一(39) (@HyadainMaeyamad) April 7, 2020





Stay Home! うちにいよう
Stay Home! Stay Home!
ここがバトルフィールド
巨悪に立ち向かう 光の戦士たち
「在宅」って名の剣で 
世界を照らせ!!!!!!!
天命は 自宅警備
世界公認 引きこもり!

ここの中2臭が好きです。#でんぱ新曲作るんさ
— ヒャダイン こと 前山田健一(39) (@HyadainMaeyamad) April 7, 2020




 そして8日には釣俊輔が「アレンジ進めてますー!!」と作業中の音源を公開。



アレンジ進めてますー!!テンポが速いよー!!#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/xQifMe8IR5
— 釣俊輔 (@tsurishun) April 8, 2020




 これまででんぱ組.incを支えてきたクリエイター陣が集結し、すさまじいスピード感で制作が進行。かつ、「#でんぱ新曲作るんさ」のハッシュタグを用い、SNS上でその模様がリアルタイムでドキュメントされていった。

 メンバー6人のヴォーカルレコーディングは、それぞれの自宅でiPhoneのアプリを用いて録音。



めちゃくちゃに曲はいいんですが
宅録環境がひどいです!

音響かないように効果あるかわかんないけどカーテンに向かって歌ってます。#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/lv6UwN0uEV
— 古川未鈴 (@FurukawaMirin) April 9, 2020





より良く歌う為にただ今練習中

今のうちに幻の第一声を上げておこうw#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/z4GavgAziT
— えいたそ☆成瀬瑛美 (@eitaso) April 8, 2020




 ギターの板垣祐介、ベーシストのIKUO、ドラマーの田中航、ピアノの森本真伊 a.k.a ハヤシ、ヴァイオリン&ヴィオラの門脇大輔はそれぞれ宅録でレコーディングに参加。



楽しいプロジェクトに参加させてもらってます!
ギターたくさん入ってます。宅録でのレコーディング動画撮ってみました!
ギター大きめMIXです。釣さん@tsurishun
のアレンジかっこいいな~!
完成楽しみすぎる!!!#でんぱ新曲作るんさ #StayHome#でんでんバンド#でんぱ組#板垣祐介 pic.twitter.com/PxC4GS9v15
— 板垣祐介 (@gakky_gakky) April 11, 2020





フレーズが固まってきた!こんなカンジどうかな?!#IKUO#bassist
#でんぱ新曲作るんさ#stayhome pic.twitter.com/Fa20rJEIoN
— IKUO (@IKUObass190) April 11, 2020





こちら、宅録にて叩きました!
BPM200超えは久々だったー!笑
この曲がどういう感じに仕上がっていくのかめちゃくちゃ楽しみです!
宅録楽しい#でんぱ新曲作るんさ#StayHome #田中航 pic.twitter.com/1oPIH2IO3E
— 田中航 (@WataruTanaka_dr) April 11, 2020





#でんぱ新曲作るんさ#StayHome
オケ用のピアノを録らせていただいております…!速い
地元の奈良での作業、リモート感が強いです!笑 pic.twitter.com/PPIYL0vSsQ
— ハヤシ (@hayashi_ds) April 11, 2020





完了~~
ヴァイオリン、ヴィオラをバキバキに弾きまくりました!
完成が楽しみっ!!
ほ~~難しかった!!
お疲れ様でした~~!!#でんぱ組#でんぱ新曲つくるんさ#ストリングス pic.twitter.com/YmSWdUjp40
— 門脇大輔(GRAPLE JAM) (@DaisukeKadowaki) April 11, 2020




 それを釣俊輔がアレンジし、エンジニアの西陽仁(ONEly INC.)がトラックダウンし音源が作られていった。

 同時に、ミュージックビデオの制作もリモートで進められていった。まずは4月8日、前山田健一が歌った仮歌をもとに、でんぱ組.incの数々の楽曲の振り付けを手掛けるYumiko先生が自撮りでメンバーに振り付けのラフをシェア。



ラフのラフを上げるというレアのレア
#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/YpZFSz4PmR
— Yumiko (@_Yu_miko) April 7, 2020




 9日には映像監督の森本敬大がMV監督に立候補。



ええ!!!ええ!
作りまする!!
いくしかなーーーーいっ! https://t.co/tfRDnMSyAz
— 森本敬大 (@mrmt_works) April 9, 2020




 メンバーはそれぞれダンスを練習し、それをYumiko先生がZOOMでオンライン指導し、自宅にグリーンバックのスタジオを作り映像素材を撮影した。



とりあえずやってみた!よ!

振り付け:Yumiko先生(@_Yu_miko )#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/FB2YE4JLqI
— ピンキー!☆ 藤咲彩音 (@PINKY_neko) April 8, 2020





#でんぱ新曲作るんさ
少しの解説と共に踊ってみました! pic.twitter.com/vPxKA9S1xB
— 根本凪 (@nemoto_nagi) April 11, 2020





#でんぱ新曲作るんさ
踊って編集してみました!
振り付け : Yumiko先生 pic.twitter.com/uaQ95oUiGM
— ぺろりん先生 (鹿目凛) (@peroperorinko01) April 11, 2020





#でんぱ新曲作るんさ とうとうMV製作

MV素材をメンバーそれぞれ、自作の自宅スタジオにて自撮り中です。笑

このMVの【背景用『イラスト、写真、動画、CGなど』】募集中

締切【2020年4月10日 24:00まで】

ダウンロードリンクなどを #でんぱ新曲作るんさ タグ忘れずに~宜しくお願いしますpic.twitter.com/KCB8Bb0adt
— 相沢梨紗 (@RISA_memesama) April 9, 2020




 「なんと!世界公認 引きこもり!」は、制作当初からファンを巻き込んだ仕掛けも進められていた。発案時点でもふくちゃんがファンに「BPMどれくらいがいいですか?」とアンケートをとったり、歌詞が公開された後にはメンバーの歌割りをファンが発案したりと、SNSを通してファンがクリエイティブにも参加。

 さらには、みきちゅが担当したハーモニーのメロディラインをもとにお客さんのコーラスをツイッターで募集し、結果、数百を超えるトラックが集まった。



これをイヤホンで聴きながら、WOW~のアカペラをビデオで撮ってTwitterにハッシュタグ付けて載せてください!
(オケの音がビデオに入らないように注意)
そこから音声抜いてみんなの声を合わせます!(女性はオクターブ上でもOKです)
#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/RMaW7r7Vn0
— YGQ(本垢) (@nao2yama) April 8, 2020





#でんぱ新曲作るんさ

みなさんのコーラスの編集画面です
果てしないトラック数…

完成楽しみです pic.twitter.com/Hp5ikqut15
— Haruhito Nishi (@H24P) April 9, 2020




 ミュージックビデオには、ファンが送ったイラストや写真やCGなどの素材も使われた。



皆さま!
イラスト等の募集締め切りを
明日の10日24:00までとさせていただきます

みなさんのイラストなどめちゃ見てます
サイコーです
例えば、背景だけのイラストとかもあると凄い使える!ので、なにとぞ!

みんなで作りましょう

#でんぱ新曲作るんさ
— 森本敬大 (@mrmt_works) April 9, 2020




 こうして4月15日、アルバムの発売にあわせて楽曲とミュージックビデオが完成し、公開された。擁した時間は約8日間。インターネットを介したクリエイター陣とメンバーとファンが一体になった企画が、通常ではありえないほどのスピード感で結実した。




 さらに4月25日にはボーカルや各パートの音源を収録したステムデータと、ミックス音源のBPMを半分に落とした音源データを公開。商用目的の使用はNGとしながらも、リミックスや「踊ってみた」などファンが自由に二次創作に参加できる仕組みも用意している。



【再掲】#でんぱ新曲作るんさ 楽曲データ公開
以下からDLいただけます

▼ステムデータ類https://t.co/eqtUtH59Sn

▼50%音源https://t.co/9BhGxPZTQY

商用目的使用はNGですがネットでの公開OK
楽しんで作品にご参加くださいSNSなどにアップする際はハッシュタグを付けてくださいね
— でんぱ組.inc (@dempagumi) April 25, 2020




 Yumiko先生はダンス練習用の動画も公開している。



舞は完成しましま!こちらがメンバー練習用の動画になります。音源は絶賛作業中ということで頂戴した未完成ほくほく最新版ですオールクリエイターさま頑張って~#でんぱ新曲作るんさ pic.twitter.com/xQ6F1djnI7
— Yumiko (@_Yu_miko) April 11, 2020




 こうして、関係者全員が自宅にいながら作業し、SNSを通してファンが制作に参加して完成した「なんと!世界公認引きこもり!」。もともとメンバー全員が引きこもりの過去も持ち、それぞれの趣味に特化したオタクでもあり、かつ単なるアイドルグループというよりも、クリエイター陣も含めた一つの“チーム”として動いてきたでんぱ組.incだからこそ、このスピード感で実現できた楽曲と言っていいだろう。

 ライブの延期や中止だけでなく、緊急事態宣言発令に伴う外出自粛によってレコーディングや楽曲制作、映像収録なども大きな影響を受けている昨今。でんぱ組.incが実現させた「完全リモートワークの楽曲&MV制作」は、これからのクリエイティブ全般にとって一つの大きな可能性の提示とも言える。


◎プロフィール
柴 那典(しば・とものり)
1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者、音楽ジャーナリスト。ロッキング・オン社を経て独立。雑誌、WEB、モバイルなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー、記事執筆を手がける。主な執筆媒体は「AERA」「ナタリー」「CINRA」「MUSICA」「リアルサウンド」「NEXUS」「ミュージック・マガジン」「婦人公論」など。「cakes」にてダイノジ・大谷ノブ彦との対談連載「心のベストテン」、「リアルサウンド」にて「フェス文化論」、「ORIGINAL CONFIDENCE」にて「ポップミュージック未来論」連載中。著書に『ヒットの崩壊』(講談社)『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)がある。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい