ドリカム、全国の医療従事者を応援するプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」に参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドリカム、全国の医療従事者を応援するプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」に参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ドリカム、全国の医療従事者を応援するプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」に参加

ドリカム、全国の医療従事者を応援するプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」に参加


 日本赤十字社とユニバーサル ミュージック合同会社が医療現場の最前線に立つ全国の医療従事者を応援するためのプロジェクト「#最前線にエールを何度でも」を2020年4月28日より開始した。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて日々めまぐるしく状況が変わるなか、最前線の現場に立つ全国の医療従事者に、「場所は離れていたとしても同じく新型コロナウイルスに立ち向かう仲間である全国の皆さんからエールをおくっていただけないか」という日本赤十字社の願いがきっかけで、このプロジェクトが立ち上がった。過去にドラマ『救命病棟24時』の主題歌に起用され、多くの人を元気づけてきたDREAMS COME TRUEの「何度でも」をメッセージソングとして、医療従事者にエールを届けられないかと、DREAMS COME TRUEに依頼したところ、参加が実現した。

 本プロジェクトの始動にあたり、特設サイトおよび日赤公式Twitterアカウントにて「何度でも」を起用したメッセージソングムービーが公開中。Facebook、Twitter、LINEなどのSNSで、このメッセージソングムービーとともに「#最前線にエールを何度でも」というハッシュタグをつけて、医療従事者への応援メッセージを募集している。今後も全国の医療従事者への様々な応援の取り組みを特設サイトで公開していく予定だ。

 ユニバーサル ミュージックはグループ全体で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた音楽コミュニティへの支援やアーティストのチャリティ活動などを積極的にサポート。日本でも「#stayathomewithmusic」と題し、在宅時間を楽しむコンテンツとしてプレイリストやライブ映像、アーティストからのメッセージなどをホームページやSNSで発信している。


◎藤倉尚(ユニバーサル ミュージック合同会社社長兼最高経営責任者)コメント
 いま私たちは人類史上、前例のない苦難に直面しています。新型コロナウイルスの感染拡大により、日常のライフスタイル、経済の流れ、そしてエンターテインメントの世界にも甚大な影響が広がっています。刻々と変化し続ける難題に、すべての人々が協力して立ち向かわねばなりません。 
 こうした状況の最前線で奮闘されているのが医療従事者の皆さんです。日本赤十字社様から医療現場の過酷さを伺い、音楽会社として貢献できることは何かを考えました。
 2011年の東日本大震災直後にラジオで最も多く流れたDREAMS COME TRUEの「何度でも」という曲があります。この曲は医療ドラマのために書き下ろされた楽曲で、「勇気づけられた」という沢山の声を頂いています。この曲が厳しい状況のなかご尽力くださっている医療従事者の皆様への応援歌となり、そして新型コロナウイルスの拡大で様々な影響を受けながらもこの苦難を乗り越えようとしている全ての方の励みになればと思い、楽曲の無償使用許可をDREAMS COME TRUEのお二人に相談したところ、ご快諾してくださいました。
 今は医療に携わる方を応援することが、アーティストやエンターテインメントの世界を支えることに繋がると信じています。皆さんと一緒に、医療の最前線で戦う方々へ心からの感謝と応援をこの歌にのせておくりたいと思います。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい