【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」4週目の首位、ポスト・マローンTOP10入り総数歴代記録更新 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」4週目の首位、ポスト・マローンTOP10入り総数歴代記録更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」4週目の首位、ポスト・マローンTOP10入り総数歴代記録更新

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」4週目の首位、ポスト・マローンTOP10入り総数歴代記録更新


 ザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」が通算4週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 「ブラインディング・ライツ」は、前週から2%増の週間1億1,030万回を記録して、エアプレイ・チャートで3週目の1位をキープ。R&B/ヒップホップ・ソング・チャートでも4週目、R&Bソング・チャートでは9週目のNo.1を獲得し、Hot 100でも4週目となるトップを維持した。売上自体は減少しているが、デジタル・ソング・セールス・チャートでも1位を死守している(週間19,000ダウンロード)。

 首位復帰とはならなかったが、ドレイクの「トゥージー・スライド」も2位をキープ。前週から15%ほど減少しているが、週間3,150万視聴を記録してストリーミング・チャートでは初登場から3週連続トップに居座っている。また、先週に引き続き今週も<Airplay Gainer>を獲得して、エアプレイ・チャートでは14位から12位へ、わずかだが順位を上げている(週間5,830万回)。

 TOP5は先週と変わらず、3位はロディ・リッチの「ザ・ボックス」、4位はデュア・リパの「ドント・スタート・ナウ」、5位には先週浮上したドジャ・キャットの「セイ・ソー」がそれぞれ同位にランクインした。

 一方、ポスト・マローンの「サークルズ」は先週の7位から6位に浮上。これで、TOP10におけるランクイン数を34週に更新し、歴代最長記録を達成した。なお、「サークルズ」は初登場から34週連続でTOP10にランクインし続けるという偉業も達成していて、この記録も33週を保持していたエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」(2017年)を抜く、歴代最長記録となる。

TOP10入り総数歴代記録
34週 ポスト・マローン「サークルズ」(2019~2020年)
33週 エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」(2017年)
33週 マルーン5「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」(2018~2019年)
33週 ポスト・マローン「サンフラワーwithスウェイ・リー」(2018~2019年)
32週 トラヴィス・スコット「シッコ・モード」(2018~2019年)
32週 ザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat.ホールジー」(2016~2017年)
32週 リアン・ライムス「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」(1997~1998年)
31週 マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ「アップタウン・ファンク」(2014~2015年)
30週 ビリー・アイリッシュ「bad guy」(2019年)
30週 サンタナ「スムース feat.ロブ・トーマス」(1999~2000年)

 「サークルズ」は、TOP40におけるポップ・ソング・エアプレイ・チャートでも、TOP10に30週以上ランクインした初のタイトルとして記録を更新した。

 ハリー・スタイルズの「アドア・ユー」は6位から7位ダウンし、ジャスティン・ビーバーの「インテンションズfeat.クエイヴォ」は9位から8位に上昇。「インテンションズ」は、前週から11%増の6,810万回を記録して、エアプレイ・チャートでも12位から10位にTOP10入りしている。エアプレイ・チャートでのTOP10入りは、ジャスティンにとって15曲目、クエイヴォにとっては4曲目のランクイン。

 今年は「ヤミー」、「10000アワーズwithダン+シェイ」、「アイ・ドント・ケアwithエド・シーラン」の計4曲をエアプレイ・チャートのTOP10にランクインさせた、ジャスティン・ビーバー。2020年度では最多記録で、カミラ・カベロ、リゾ、ザ・ウィークエンドが2曲でそれに続く。

 今週9位に初登場したのは、ダベイビーの新曲「ロックスターfeat.ロディ・リッチ」。初週2,810万視聴を記録して、ストリーミング・チャートでは2位に、10,000ダウンロードを売り上げ、デジタル・ソング・セールス・チャートでは7位に、それぞれデビューした。

 「ロックスター」は、今週のアルバム・チャート“Billboard 200”で自身2作目のNo.1デビューを飾った新作『ブレイム・イット・オン・ベイビー』に収録されたタイトルで、TOP10以下にはその他にもアルバムの収録曲が多数ランクインしている。ダベイビーにとっては、昨年最高7位をマークした「SUGE」以来約1年ぶり、ゲストのロディ・リッチは、今週3位にランクインしている「ザ・ボックス」に続く2曲目のTOP10入りとなる。

 ロディ・リッチの他、10位にフューチャーとのコラボ・ソング「ライフ・イズ・グッド」をランクインさせたドレイクも、TOP10に2曲のタイトルを送り込んでいる。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは5月1日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
2位「トゥージー・スライド」ドレイク
3位「ザ・ボックス」ロディ・リッチ
4位「ドント・スタート・ナウ」デュア・リパ
5位「セイ・ソー」ドジャ・キャット
6位「サークルズ」ポスト・マローン
7位「アドア・ユー」ハリー・スタイルズ
8位「インテンションズ」ジャスティン・ビーバーfeat.クエイヴォ
9位「ロックスターfeat.ロディ・リッチ」ダベイビー
10位「ライフ・イズ・グッド」フューチャーfeat.ドレイク


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい