AI クリス・マーティン、ジョン・レジェンドらに続き「#TogetherAtHome」に参加、日本アーティストでは初 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AI クリス・マーティン、ジョン・レジェンドらに続き「#TogetherAtHome」に参加、日本アーティストでは初

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AI クリス・マーティン、ジョン・レジェンドらに続き「#TogetherAtHome」に参加、日本アーティストでは初

AI クリス・マーティン、ジョン・レジェンドらに続き「#TogetherAtHome」に参加、日本アーティストでは初


 20周年イヤーを迎えたAIが、オンラインパフォーマンス「Together At Home」を2020年4月14日正午12:00に自身の公式インスタグラムアカウント(@officialai)で開催することを発表した。日本人アーティストとしては初めてのこととなる。

 「Together At Home」は、Global Citizenが、コロナウイルスの制圧と外出自粛の促進に向け、世界保健機関(WHO:World Health Organization)と連携して、世界中のアーティストと共にソーシャルメディアプラットフォームで開催するオンラインパフォーマンスシリーズだ。ソーシャル・ディスタンシングによって社会から隔離され、孤独に陥ってしまわないように、音楽を通して世界中の人と繋がることを目指すキャンぺーンで、このコンセプトに賛同したコールドプレイのクリス・マーティン、ジョン・レジェンド、コモン、チャーリー・プース、カミラ・カベロといったアーティストたちがインスタライブで様々な人の家に音楽を届け勇気づけている。「Together At Home」は単なるバーチャルコンサートではなく、この世界的な危機を終息させるために、ファンにも声をあげてもらい、WHOが必要な資金を確保できるよう、公式サイトで行動を起こしてもらう機会となっている。

 日本時間4月19日午前9:00には、レディー・ガガがキュレーションを担当し、WHOとGlobal CitizenがCOVID-19パンデミック対応に当たる医療従事者などへの支援のためのグローバル・スペシャル【One World: Together At Home】が開催。当日はアラニス・モリセット、アンドレア・ボチェッリ、ビリー・アイリッシュ、ビリー・ジョー・アームストロング(グリーン・デイ)、バーナ・ボーイ、クリス・マーティン(コールドプレイ)、デヴィッド・ベッカム、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、エルトン・ジョン、フィニアス(ビリー・アイリッシュの兄)、イドリス・エルバと妻のサブリナ・エルバ、J・バルヴィン、ジョン・レジェンド、ケイシー・マスグレイヴス、キース・アーバン、ケリー・ワシントン、ラン・ラン、リゾ、マルマ、ポール・マッカートニー、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、シャー・ルク・カーン、スティーヴィー・ワンダーといった豪華アーティストが参加する。

 20周年イヤーを迎え、より一層、積極的に活動を続けるAIは4月24日にTBS『王様のブランチ』テーマソングとなっている新曲「ギフト」を配信。9月からは約3年ぶりとなる大規模な20周年記念の全国ツアーで全国を駆け巡る。


◎AI「#TogetherAtHome」インスタライブ
2020年4月14日(火)正午12:00~、AIオフィシャルアカウント(@officialai)で生配信

◎リリース情報
「ギフト」
2020/4/24 DIGITAL RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい