カーディ・B、新型コロナで困窮している人々に合計1億円を提供すると表明 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カーディ・B、新型コロナで困窮している人々に合計1億円を提供すると表明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カーディ・B、新型コロナで困窮している人々に合計1億円を提供すると表明

カーディ・B、新型コロナで困窮している人々に合計1億円を提供すると表明


 2020年4月8日にカーディ・Bがインスタグラムを更新し、アパレル・ブランドFashion Novaと提携して毎時1,000ドル(約10万円)、合計100万ドル(約1億円)を新型コロナウイルスのパンデミックにより大きな影響を受けている人々に提供すると発表した。

 プレス・リリースによると、Fashion Nova Caresイニシアチブは5月20日までの42日間続く予定だ。カーディはインスタのキャプションに、「皆さんの多くが、請求書を支払ったり、家族を食べさせたり、全体的に不可欠なニーズに対応するために必死の努力をしているよね。#FashionNovaCARESと私は、合計で100万ドルに達するまで、毎時1,000ドルをこの危機により直接大きな影響を受けている人たちに配るよ。この1,000ドルがどうやってこの時期にあなたを助けることができるか教えて。私たちが毎日皆さんからの応募を読んで体験談を選ぶから、www.FashionNova.com/Caresにアクセスして今すぐ応募してね。あと、皆さんのインスタグラムが公開設定になっていることを確認してね。私が個人的に応募されたページに目を通すから」と綴っている。

 支援金に応募するには名前、メールアドレス、電話番号、インスタのハンドル名、そして自身の体験談をオンライン・フォームに記入する必要がある。カーディはこの試みについて、2018年に同ブランドから初めて自身のファッション・ラインを出した時から支えてくれているファンへの恩返しだと表明している。

 Fashion Nova Caresイニシアチブでは、応募者の中から毎日24名を選び、1,000ドルずつ援助する。カーディは、「恥ずかしがらないで。助けてって言わなくちゃならないときが誰にだってあるんだから」とインスタグラムで語っており、先月亡くなった故ビル・ウィザーズの「Lean on Me」の一部を歌いつつ、「これから42日間、毎時1,000ドルだから!」と募集をかけている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい