【ビルボード】Uru「あなたがいることで」がDLソング初首位、SEKAI NO OWARI新CMソングTOP10デビュー

2020/04/08 16:19

【ビルボード】Uru「あなたがいることで」がDLソング初首位、SEKAI NO OWARI新CMソングTOP10デビュー
【ビルボード】Uru「あなたがいることで」がDLソング初首位、SEKAI NO OWARI新CMソングTOP10デビュー


 2020年4月13日付(集計期間:2020年3月30日~4月5日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、Uruの「あなたがいることで」が28,813ダウンロード(DL)を売り上げて、チャートイン9週目にして、初の1位に輝いた。
 Uruは、本曲が主題歌に起用されたTBS系ドラマ『テセウスの船』が3月22日に最終回を迎え、その直後となる30日に音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』にTV初出演して同曲を披露したことが大きな話題となった。これを受けて前週6位から首位へ上り詰めた形となる。他指標のストリーミング、動画再生回数、Twitterでもランクアップしており、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では8位から6位へと上昇している。
 この反響は、Uruの過去の楽曲にも影響を与えている。前週“Download Songs”で61位だった「プロローグ」は当週5位へ大きくジャンプアップしており、2018年12月にリリースされた同曲は2019年1月7日付チャートで獲得した3位以来のトップ5入りとなった。
 当週、トップ10デビューしたのは7位に入った、au 5Gの新CMのためにSEKAI NO OWARIが書き下ろした「Dropout」のみ。本曲はダウンロードが牽引し、“JAPAN HOT 100”では36位に初登場した。

◎【Download Songs】トップ10
1位「あなたがいることで」Uru(28,813ダウンロード)
2位「I LOVE...」Official髭男dism(28,247ダウンロード)
3位「紅蓮華」LiSA(16,567ダウンロード)
4位「Pretender」Official髭男dism(13,719ダウンロード)
5位「プロローグ」Uru(10,091ダウンロード)
6位「春はゆく」Aimer(9,983ダウンロード)
7位「Dropout」SEKAI NO OWARI(9,748ダウンロード)
8位「宿命」Official髭男dism(9,626ダウンロード)
9位「白日」King Gnu(8,668ダウンロード)
10位「Birthday」Mr.Children(7,722ダウンロード)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」4.8万DLで通算7度目の首位、BTSメンバーVのソロ曲TOP10入り

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」4.8万DLで通算7度目の首位、BTSメンバーVのソロ曲TOP10入り

    Billboard JAPAN

    3/25

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」3.8万DLで通算5度目のNo.1、UVERworld新曲TOP10入り

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」3.8万DLで通算5度目のNo.1、UVERworld新曲TOP10入り

    Billboard JAPAN

    3/11

  • 【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」3.5万DLで首位返り咲き、日向坂46が4位にデビュー

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」3.5万DLで首位返り咲き、日向坂46が4位にデビュー

    Billboard JAPAN

    2/26

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」4万DLで首位キープ、WANIMA/THE YELLOW MONKEYがTOP5初登場

    【ビルボード】Official髭男dism「I LOVE...」4万DLで首位キープ、WANIMA/THE YELLOW MONKEYがTOP5初登場

    Billboard JAPAN

    3/18

  • 【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り

    【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り

    Billboard JAPAN

    1/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す