TEAM SHACHI、無観客ライブ配信が決定&クラウドファンディングも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

TEAM SHACHI、無観客ライブ配信が決定&クラウドファンディングも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
TEAM SHACHI、無観客ライブ配信が決定&クラウドファンディングも

TEAM SHACHI、無観客ライブ配信が決定&クラウドファンディングも


 TEAM SHACHIが4月19日にLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催を予定していた【TOUR 2020~異空間~】を中止とし、某所から無観客ライブ配信することを発表した。

 2月15日に静岡県からスタートした本ツアー。LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)公演のチケットは完売していたがメンバー、スタッフ、関係者一同での検討を重ねた結果、来場するタフ民(ファンの総称)達の安全を第一優先とし、公演の中止が決定。それでも画面越しから音楽を通して届けられるものがあると無観客ライブ配信への決心を固めた。

 無観客ライブ配信への変更に伴い、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)公演のチケットをお持ちの方には希望者を対象に払い戻し対応が行われる。払い戻しの詳細に関してはオフィシャルHPより案内される。

 また、今回は相次ぐ公演延期や中止払い戻し公演の中で無観客ライブを配信するにあたり、TEAM SHACHIがクラウドファンディングに挑戦。クラウドファンディングにより寄せられた資金は、今回の【TOUR 2020~異空間~】における公演延期・中止に伴う会場費などの運営費、ステージ制作費や、無観客ライブ収録制作費などに充当される。クラウドファンディングの詳細に関してはオフィシャルHP、クラウドファンディングプラットフォーム「we fan」特設ページより確認できる。また無観客ライブ配信に関する視聴方法に関しても後日発表される

 なお、無観客ライブ配信の実施に伴いメンバー、スタッフ関係者には下記新型コロナウイルス感染症対策を徹底して実施。新型コロナウイルス感染対策について ・厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針ガイドラインに沿った上で収録配信ライブを実施する。

◎実施事前策
・会場内除菌作業 会場内、楽屋などの共用部分のドアノブなどや美術セットの手すり他、不特定多数が触れる場所の除菌作業を実施。
・出演者・スタッフの体調管理
※前日夜の体調を各社所属上長に報告し当日参加の可否を判断。 入館前メディカルチェック →前日までに配布した問診票(居住住所、所属会社、名前、連絡先など個人追跡情報明記)を回収の上、楽屋口にてコンパクトサーモグラフィーを設置、非接触タイプの体温計で入館者の体温を測定。37.0°C以上の方の入場を禁止とする。
・アルコール消毒・マスク着用の徹底。
・換気・作業体制の徹底 →大型ファンにて会場内の換気・作業体制の確認実施。配信時においても演奏の無音の間に扉を開けるなど換気を実施。
・私語軽減、接触機会の低減 →接触・飛沫感染を防ぐ為に設営・リハーサル・収録中の私語は慎む。食事休憩時なども集まらず、個別に開放空間で時間差で摂る。

◎実施後策
・体調、行動範囲の確認
※実施後 2週間、本収録ライブに参加した出演者・全スタッフは、自身の体調と行動範囲を記録。 不要不急の外出、人との接触はできる限り避ける。 発熱、咳などの症状が出たらすぐに運営スタッフに報告義務。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい