【先ヨミ】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』35.7万枚で現在シングル首位、アイドルグループがトップ5占拠 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』35.7万枚で現在シングル首位、アイドルグループがトップ5占拠

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』35.7万枚で現在シングル首位、アイドルグループがトップ5占拠

【先ヨミ】SEVENTEEN『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』35.7万枚で現在シングル首位、アイドルグループがトップ5占拠


 今週のCDシングル売上レポートから2020年3月30日~4月1日の集計が明らかとなり、SEVENTEENの『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』が357,823枚を売り上げ、現在首位に立っている。

 前作『Happy Ending』から約10か月ぶりとなるSEVENTEENの日本2ndシングルは、前作の初動3日間の売上枚数167,510枚を大きく上回る好スタートを切った。カップリング曲の「Smile Flower -Japanese ver.-」は、AbemaTVオリジナルドラマ『#僕だけが17歳の世界で』の挿入歌として先日オンエアされ、歌詞とストーリーがマッチすることが話題となった。SEVENTEENは5月に国内ドームツアーを控えている。

 男性6人組アイドルグループのAXXX1S(アクシス)の1stシングル『キミホリ』は38,736枚を売り上げて、現在2位についている。初週1,049,667枚を売り上げて2020年4月6日付の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で1位に輝いた乃木坂46の『しあわせの保護色』は今週前半3日間で31,738枚を売り上げて、トップ3に入っている。

 Juice=Juiceの13thシングル『ポップミュージック/好きって言ってよ』は初動3日間で15,302枚を売り上げて現在4位、そしてドラマ『FAKE MOTION –卓球の王将-』の主題歌で、佐野勇斗(M!LK)、古川毅(SUPER★DRAGON)、北村匠海(DISH//)、松尾太陽(超特急)、森崎ウィン(PRIZMAX)、板垣瑞生(元M!LK)からなるKing of Ping Pongの『FAKE MOTION』は14,234枚を売り上げて、現在5位に入っている。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2020年3月30日~4月1日の集計)
1位『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower)』SEVENTEEN(357,823枚)
2位『キミホリ』AXXX1S(38,736枚)
3位『しあわせの保護色』乃木坂46(31,738枚)
4位『ポップミュージック/好きって言ってよ』Juice=Juice(15,302枚)
5位『FAKE MOTION』King of Ping Pong(14,234枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい