ビッケブランカ、同クールのドラマ2作でオープニング担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビッケブランカ、同クールのドラマ2作でオープニング担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビッケブランカ、同クールのドラマ2作でオープニング担当

ビッケブランカ、同クールのドラマ2作でオープニング担当


 ビッケブランカが、2020年4月期スタートの春の新ドラマ2作のオープニングに決定となった。

 まず、ドラマ書き下ろしの新曲「ミラージュ」は、4月14日より始まる玉木宏主演のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『竜の道 二つの顔の復讐者』(毎週火曜・午後9:00~)のオープニング曲になった。同ドラマは、2015年に急逝した作家・白川道の未完の小説を映像化し、玉木宏・高橋一生演じる双子の兄弟が家族を奪った大企業社長に立ち向かう本格サスペンス。他にも松本穂香や遠藤憲一らといった俳優陣が集結する復讐劇となっている。本楽曲は、「既成概念を打ち破るような鮮烈な印象を残すビッケブランカさんの音楽で、この作品に“新しさ”の要素をプラスしてほしい」というプロデューサー米田孝氏の思いからオープニング曲に抜擢された。

 「ミラージュ」=「蜃気楼」という意の通り、見えているけれど手が届かないものを追い求める強さを表した歌詞と、不穏に満ちたイントロから浮遊感あるトラックに、ドラマチックなメロディが響く一曲。ドラマの世界観に呼応するような仕上がりになっているようだ。

 そして、3月4日に発売した3rdアルバム『Devil』よりリード曲「Shekebon!」は、矢作穂香×伊藤健太郎W主演となるドラマ特区『ピーナッツバターサンドウィッチ』オープニング主題歌になった。同ドラマは、1億PV突破となった婚活マンガを矢作穂香×伊藤健太郎W主演で実写ドラマ化した婚活サポート機関×29歳女子4人による恋愛バラエティ型の新感覚・ラブコメディ。「Shekebon!」は、狂気とユーモアの爆裂ダンス・チューンに中毒性と攻撃性が孕んだサウンド。“なぁまだまだこれから shake it 歩みをとめるな旅の途中”前向きなメッセージが込められた応援歌に仕上がったという今作のMVは、公開3週間で475万回再生を超えている。また、ドラマキャストがダンスに挑戦したオープニング映像も先行公開されている。また、同ドラマは、4月2日木曜(テレビ神奈川23:00~・MBS23:59~)より放送がスタートし、関東ではチバテレ(4月3日~)、テレ玉(4月8日~)、群馬テレビ(4月9日~)、とちテレ(4月9日~)で放送される。


◎リリース情報
アルバム『Devil』
2020/3/4 RELEASE
<CD+DVD>
AVCD-96457/B 4,500円(tax out)
<CD+Blu-ray>
AVCD-96458/B 4,500円(tax out)
<CD only>
AVCD-96459 3,000円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい