ONE OK ROCK 『るろうに剣心 最終章』で主題歌書き下ろし、実写全ての主題歌を担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ONE OK ROCK 『るろうに剣心 最終章』で主題歌書き下ろし、実写全ての主題歌を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ONE OK ROCK  『るろうに剣心 最終章』で主題歌書き下ろし、実写全ての主題歌を担当

ONE OK ROCK 『るろうに剣心 最終章』で主題歌書き下ろし、実写全ての主題歌を担当


 2020年7月と8月に2作連続で全国公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』の主題歌をONE OK ROCKが務めることが分かった。

 毎作品ごとに『るろうに剣心』を最大限に盛り上げるパワフルな楽曲を歌い上げてきたONE OK ROCKは、今作のために主題歌を書き下ろした。2012年8月25日公開の1作目『るろうに剣心』の主題歌「The Beginning」は、人斬りとしてではなく、“るろうに”として生きる緋村剣心(佐藤健)という一人の人間の旅の始まりと『るろうに剣心』シリーズの始まりなど、全ての始まりを力強く歌い上げ、2014年8月1日公開の『京都大火編』の「Mighty Long Fall」では、失意、希望、再起と全ての要素を、同年9月13日公開の『伝説の最期編』の「Heartache」では、志々雄真実(藤原竜也)との闘いで満身創痍の剣心を壮大なバラードで優しく包みこんだ。果たしてワンオクは『最終章 The Final/The Beginning』では、どのような楽曲を聞かせてくれるのか? 続報に期待が高まる。

 合わせて公開されたポスタービジュアルには【全員、完結。】というキャッチコピーが打ち出され、最終章で剣心のすべてが明らかになり、登場するキャラクターたち全員の物語が「完結」することを伝えている。シリーズ最終章となる本作では、剣心のもとに再び仲間が集結。神谷道場の神谷薫(武井咲)、相楽左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)に加え、斎藤一(江口洋介)、そして『京都大火編/伝説の最期編』で登場した御頭・四乃森蒼紫(伊勢谷友介)と巻町操(土屋太鳳)が仲間に加わる。最恐の敵・縁(新田真剣佑)が率いる上海マフィアの副官・呉黒星(音尾琢真)や、志々雄の配下の十本刀の一人である沢下条張(三浦涼介)、隠密組織のリーダー・辰巳(北村一輝)も参戦し、剣心たちを苦しめる。


◎公開情報
『るろうに剣心 最終章The Final』
2020年7月3日(金)より、全国公開
『るろうに剣心 最終章The Beginning』
2020年8月7日(金)より、全国公開
監督:大友啓史
出演:佐藤健、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、伊勢谷友介、土屋太鳳、有村架純 江口洋介ほか
制作プロダクション・配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい