テイラー・スウィフト、「Famous」を巡るカニエとの会話が新たにリークされたことに反応 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テイラー・スウィフト、「Famous」を巡るカニエとの会話が新たにリークされたことに反応

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テイラー・スウィフト、「Famous」を巡るカニエとの会話が新たにリークされたことに反応

テイラー・スウィフト、「Famous」を巡るカニエとの会話が新たにリークされたことに反応


 リリース時に物議を醸した2016年の楽曲「Famous」についてカニエ・ウェストが、テイラー・スウィフトと電話で会話をするフル動画が、先週末リークされたことが大きな話題となっているが、これにテイラーが反応している。

 テイラーのファンたちは、この約25分に及ぶフル動画が、曲の中で“ビッチ”と呼ばれることに許諾していないというテイラーの主張を裏付けており、彼女がこれまで真実を語っていたという証拠だとしている。カニエとテイラーが「Famous」について話し合っているこの動画には、テイラーの名前を使っていいか、とカニエが許可を求める様子や“me and Taylor might still have sex”(テイラーと俺はまだセックスできるかも)という詞についてカニエが説明する様子は写っているものの、その続きの“I made that bitch famous”(俺があのビッチを有名にしてやったからだ)という詞については触れられていない。

 これをうけ、当初動画の一部をリークし、夫カニエを擁護したキム・カーダシアンが、新たに浮上したフル動画が“特に新しいことは何も”提示していないという趣旨のツイートを「いいね!」とすることで反応すると、テイラーは、今はもっと重要なことに目を向けるべきだとインスタグラム・ストーリーズへ投稿している。

 今回リークされたフル動画が「私が“あの電話”についてずっと真実を述べていたと証明する」と綴ったテイラーは、「知ってるよね、違法に録音されて、私を貶めて、私と私の家族、そしてファンたちに4年もの地獄の日々をもたらすために、“誰か”が編集して、改ざんしたあれのこと」と続けた。

 そして「リークされた動画について、私がどう感じているかという質問に答えるより、本当に大切なことをみるには、上へスワイプして」とメッセージを締めくくったテイラーは、新型コロナウィルスの影響を受けている人々を支援するフードバンクのFeeding Americaや世界保健機関(WHO)へ寄付を募るページをリンクしている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい