テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、物議を醸した「Famous」に関する会話がリーク  〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、物議を醸した「Famous」に関する会話がリーク 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、物議を醸した「Famous」に関する会話がリーク 

テイラー・スウィフト&カニエ・ウェスト、物議を醸した「Famous」に関する会話がリーク 


 カニエ・ウェストが、テイラー・スウィフトについて歌った「Famous」に関する両者の会話が新たにリークされ、ファンの間で大きな話題となっている。

 曲の中でカニエは、“me and Taylor might still have sex/Why? I made that bitch famous”(テイラーと俺はまだセックスできるかも/なぜかって?俺があのビッチを有名にしてやったからだ)と、2009年の【MTVビデオ・ミュージック・アワード】で当時19歳だったテイラーの受賞スピーチを自分が妨害したことで、彼女が“有名になった”と2人の長年の確執の発端となった出来事について歌っている。

 2016年にこの曲がリリースされた直後、テイラーが自分をビッチと呼ぶ曲に対して嫌悪感を表明すると、カニエの妻キム・カーダシアンは、テイラーが事前に歌詞を許可したと反論。カニエとテイラーが歌詞について電話で話している編集された映像をSnapchatに投稿して自身が正しいことを主張すると、蛇の絵文字とともにテイラーを嘘つきと非難した。

 だが、今回リークされた動画の中で、カニエとテイラーが“I made that bitch famous”という歌詞について具体的に話し合っている部分はなく、テイラーはもし仮に自分がビッチと呼ばれたらいい気持ちはしないとも話している。

 真実が明るみに出るまでに4年間もかかったことをうけて、テイラーのファンたちは、ハッシュタグ“#KanyeWestIsOverParty”(カニエ・ウェストは終わったパーティー)とともに「テイラーに謝罪するべき」、「カニエはテイラーを有名にはしてない」、「彼女(テイラー)はずっと本当のことを言っていたし、蛇なのは彼女じゃなくて彼(カニエ)だ」などと怒りの矛先をカニエへ向けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい