カミラ・カベロ、新型コロナの影響で主演映画『シンデレラ』の製作中断 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カミラ・カベロ、新型コロナの影響で主演映画『シンデレラ』の製作中断

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
カミラ・カベロ、新型コロナの影響で主演映画『シンデレラ』の製作中断

カミラ・カベロ、新型コロナの影響で主演映画『シンデレラ』の製作中断


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、イギリスで行われていたカミラ・カベロ主演のミュージカル映画『シンデレラ』の製作が2週間にわたり中断されることが明らかになった。

 米ハリウッド・リポーター誌によると、EUに加えイギリスも渡航制限に含めることをドナルド・トランプ米大統領が、先週末発表したことをうけて、米ソニー・ピクチャーズが決断を下したとのことだ。映画の制作は、2月中旬に英ロンドンのパインウッド・スタジオにて開始していた。

 ケイ・キャノンが監督を務め、ジェームズ・コーデンが脚本とプロデュースする今作のキャストには、ビリー・ポーター、イディナ・メンゼル、ピアース・ブロスナン、ミニー・ドライバー、ミッシー・エリオットらが起用されている。コーデンは、イギリスを拠点にする自身の制作会社Fulwell 73とJonathan Kadinとともにプロデュースを担当しており、映画にも出演している。

 映画『シンデレラ』は、2021年2月に公開予定となっていた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい