【ビルボード】GLAY『REVIEW II~BEST OF GLAY~』6.5万枚でALセールス首位 amazarashi/M!LKが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】GLAY『REVIEW II~BEST OF GLAY~』6.5万枚でALセールス首位 amazarashi/M!LKが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】GLAY『REVIEW II~BEST OF GLAY~』6.5万枚でALセールス首位 amazarashi/M!LKが続く

【ビルボード】GLAY『REVIEW II~BEST OF GLAY~』6.5万枚でALセールス首位 amazarashi/M!LKが続く


 GLAYの25周年記念ベストアルバム『REVIEW II~BEST OF GLAY~』が初動3日間で47,347枚、週間では65,183枚を売り上げ、2020年3月23日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。

 2位に入ったのは、amazarashiの約2年ぶりとなるオリジナル・フルアルバム『ボイコット』で、初週19,198枚を売り上げた。初週売上としては前作『地方都市のメメント・モリ』の19,191枚からほぼ横ばいの推移となっている。そして3位には、M!LKの3rdアルバム『Juvenilizm-青春主義-』が9,582枚で入った。

 4位に入ったのは、遊助の9枚目となるオリジナル・アルバム『遊言実行』。初週8,887枚を売り上げた。また5位には、2PMの初となる日本ベストアルバム『THE BEST OF 2PM in Japan 2011-2016』が7,776枚でエントリー。以上の通り、3位から5位までの差は2000枚以内の小差だった。

 なお、Official髭男dismの最新アルバム『Traveler』は、CD発売から23週目の集計となった当週、7,223枚を売り上げて6位。惜しくもトップ5入りを逃した形だが、これで累計売上は30万枚を超えた。


◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2020年3月9日~2020年3月15日までの集計)
1位『REVIEW II~BEST OF GLAY~』GLAY(65,183枚)
2位『ボイコット』amazarashi(19,198枚)
3位『Juvenilizm-青春主義-』M!LK(9,582枚)
4位『遊言実行』遊助(8,887枚)
5位『THE BEST OF 2PM in Japan 2011-2016』2PM(7,776枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい