【TikTok週間楽曲ランキング】LiSA「紅蓮華」が2連覇 あるある動画の「Gentleman」は初登場3位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【TikTok週間楽曲ランキング】LiSA「紅蓮華」が2連覇 あるある動画の「Gentleman」は初登場3位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【TikTok週間楽曲ランキング】LiSA「紅蓮華」が2連覇 あるある動画の「Gentleman」は初登場3位

【TikTok週間楽曲ランキング】LiSA「紅蓮華」が2連覇 あるある動画の「Gentleman」は初登場3位


 ショートムービー・プラットフォーム“TikTok”における再生回数や影響力などを総合的に判断して生成された国内週間楽曲ランキング“TikTok HOT SONG Weekly Ranking”。2020年3月2日~3月8日を集計期間とした今回、LiSAの楽曲「紅蓮華 -TV ver.-」が前週に続き首位獲得、2連覇を達成した。

 続いて、MAMAMOO「HIP」が前週から1ランク・アップとなり、自身2度目となる2位をマーク。メイク動画のBGMとして定番化し、2019年12月23日~12月29日集計週にトップ20初登場を果たした同曲だが、最近はとりわけコスプレメイク動画が増え始めており、その多くが『鬼滅の刃』のキャラクターを紹介している。1位のLiSA「紅蓮華」は同アニメのオープニング・テーマであり、TikTokでのヒットも同作の人気が大きく寄与したことは言うまでもないが、MAMAMOO「HIP」のように本来は関連性のない楽曲にも影響を与えたことから、改めて『鬼滅の刃』ブームの凄まじさを感じさせる展開だといえるだろう。

 今週トップ20初登場にして3位となったのはDance Hits 2015「Gentleman」で、日常やカップル同士の“あるある”を伝える動画でBGMに使われている。また、海外でダンス動画がバズっているKe$ha「Cannibal」が11位、自撮り動画を楽しむユーザーが多いRoE-ロイ-「ラムのラブソング」が13位、ボカロPのキノシタによる楽曲で、TikTokではフィンガー・ダンスがミーム化しつつある「ポッピンキャンディ☆フィーバー!」が16位、同じくフィンガー・ダンスが人気のHoneyWorks「ヒロイン育成計画 feat. 涼海ひより(CV:水瀬いのり)」が19位となり、それぞれ初のトップ20入りを果たしている。






◎トップ20
1位「紅蓮華 -TV ver.-」LiSA
2位「HIP」MAMAMOO
3位「Gentleman」Dance Hits 2015
4位「Roundabout」Yes
5位「Rumors」Jake Miller
6位「SOS (feat. Aloe Blacc)」Avicii
7位「I LOVE...」Official髭男dism
8位「会いたいわ」iri
9位「WOAH」Krypto9095
10位「Lose Control」Meduza & Becky Hill & Goodboys
11位「Cannibal」Ke$ha
12位「Yummy」Justin Bieber
13位「ラムのラブソング」RoE-ロイ- ※
14位「Astronaut」Kris Roche
15位「Dance Monkey」Tones and I
16位「ポッピンキャンディ☆フィーバー!」キノシタ
17位「白日」King Gnu
18位「組曲「道化師」より I.プロローグ、II.ギャロップ、VII.リトル・リリカル・シーン、X.エピローグ」イコマシリツイコマチユウガツコウスイソウガクブ
19位「ヒロイン育成計画 feat. 涼海ひより(CV:水瀬いのり)」HoneyWorks
20位「Any song」ZICO

集計期間:2020年3月2日~3月8日

※oの正式表記はウムラウト付き


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい