【先ヨミ】GLAY『REVIEW II -BEST OF GLAY-』が4.7万枚を売り上げ首位走行中 Amazarashi/M!LKが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】GLAY『REVIEW II -BEST OF GLAY-』が4.7万枚を売り上げ首位走行中 Amazarashi/M!LKが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】GLAY『REVIEW II -BEST OF GLAY-』が4.7万枚を売り上げ首位走行中 Amazarashi/M!LKが続く

【先ヨミ】GLAY『REVIEW II -BEST OF GLAY-』が4.7万枚を売り上げ首位走行中 Amazarashi/M!LKが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年3月9日~3月11日の集計が明らかとなり、GLAYの『REVIEW II -BEST OF GLAY-』が47,347枚を売り上げて首位を走っている。

 『REVIEW II -BEST OF GLAY-』は、GLAYの25周年を記念した4枚組ベストアルバムだ。同作には、メンバーがそれぞれ選曲した楽曲に加え、現在開催中のツアー【GLAY ARENA TOUR 2019-2020 DEMOCRACY 25TH HOTEL GLAY THE SUITE ROOM】で披露中の「Into the Wild」、グローバル・ボーイズグループのPENTAGONとコラボレーションした「I’m loving you」の2曲の新曲が収録される。

 2位は、Amazarashiの『ボイコット』。前アルバム『地方都市のメメント・モリ』から約2年ぶりとなる本作には、アニメ『どろろ』のエンディングテーマ「さよならごっこ」や、国内外で多くの賞を受章した武道館ライブ【朗読演奏実験空間 新言語秩序】のテーマ曲「リビングデッド」、「独白」など計14曲が収録されている。同作は初動3日間で15,733枚を売り上げており、『地方都市のメメント・モリ』の初週売上19,191枚に迫る勢いを見せている。

 続いて、8,490枚を売り上げたM!LKの『Juvenilizm-青春主義-』が3位に。新体制初となる今作は、“シネマティックアルバム”と題したコンセプチュアルなアルバムとなっており、収録曲を使用したショートフィルムが、渋谷HUMAXシネマにて3月15日まで期間限定公開中だ。

 4位には、遊助の9枚目のオリジナル・アルバム『遊言実行』がチャートイン。2020年3月16日付(集計期間:3月2日~3月8日)の週間アルバム・セールス・チャートで2位を獲得したゆず『YUZUTOWN』は、リリース2週目前半も3,645枚を売り上げ、速報5位をマークした。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年3月9日~3月11日)
1位『REVIEW II -BEST OF GLAY-』GLAY(47,347枚)
2位『ボイコット』Amazarashi(15,733枚)
3位『Juvenilizm-青春主義-』M!LK(8,490枚)
4位『遊言実行』遊助(7,411枚)
5位『YUZUTOWN』ゆず(3,645枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい