東京事変、新EP『ニュース』の収録内容が決定 メンバー5人がそれぞれ作曲を担当 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京事変、新EP『ニュース』の収録内容が決定 メンバー5人がそれぞれ作曲を担当

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
東京事変、新EP『ニュース』の収録内容が決定 メンバー5人がそれぞれ作曲を担当

東京事変、新EP『ニュース』の収録内容が決定 メンバー5人がそれぞれ作曲を担当


 2020閏年元日、再生を表明し、8年ぶりの新作となるEP『ニュース』を4月8日にリリースする東京事変だが、そのEPの収録内容が決定した。

 本作は、東京事変メンバー5人がそれぞれ作曲を担当。すでに先行配信中のguitar 浮雲が作曲した「選ばれざる国民」、椎名林檎が作曲し、劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』主題歌となった「永遠の不在証明」の他、key 伊澤一葉が作曲した「うるうるうるう」、bass 亀田誠治が作曲した「現役プレイヤー」、drums 刄田綴色が作曲した「猫の手は借りて」の全5曲を収録するとのことだ。また、全5曲の作詞はすべて椎名林檎が務めている。


◎リリース情報
EP『ニュース』
2020/4/8 RELEASE
<初回生産限定仕様>
UPCH-29360 1,700円(tax out)
<通常仕様>
UPCH-20547 1,700円(tax out)

[収録曲]
1. 選ばれざる国民
2. うるうるうるう
3. 現役プレイヤー
4. 猫の手は借りて
5. 永遠の不在証明


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい