秋山黄色、1度きりで配信されたワンマンライブのレポートが到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

秋山黄色、1度きりで配信されたワンマンライブのレポートが到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
秋山黄色、1度きりで配信されたワンマンライブのレポートが到着

秋山黄色、1度きりで配信されたワンマンライブのレポートが到着


 秋山黄色のワンマンライブ【登校の果て.W】が、3月8日にYouTube Liveにて1度きりで配信された。

 このライブは2月28日に渋谷WWWで開催予定だったワンマンライブ当日に無観客で収録されたもの。配信開始予定の21時ごろにはすでにファンが集まり、チャット上には「たのしみ!」「ドキドキ!」といった言葉が勢いよく流れ、さらには秋山本人もチャットに登場してときどき発言するなど、盛り上がりを見せた。

 SEとともに秋山とサポートの3人がステージに姿を現すると、アップテンポのロックナンバー「とうこうのはて」でスタート。そのまま「クソフラペチーノ」、「クラッカー・シャドー」と軽快な楽曲を続けると、秋山は激しく体を揺らしながらギターをかき鳴らし、ときに絶叫に近い声で歌い上げたりと、オーディエンスがいる状態と何ら変わらないテンションの高さを見せた。チャット上では、曲のイントロが始まるたびに「~キタ!」と盛り上がり、中でもドラマ主題歌として知られる「モノローグ」がスタートすると最高潮に。秋山はその期待に応えるかのように、素晴らしい熱唱を聴かせた。

 中盤でエレアコに持ち替えると、未発表曲の弾き語り、バンドとのセッションを経て、オートチューンを用いた4つ打ちナンバー「Caffeine」、さらにはフォーキーなポップナンバー「夕暮れに映して」と、多彩な曲調が続く。再びエレキに持ち替え、「どうか僕のファンが誰も傷つけない、とっても弱い怪物になりますように」と言って始まった「スラムライフ」からは、真骨頂のロックナンバーを連発。チャット上に「この曲で知った!」、「出会いの曲!」といった言葉が並んだ初期の代表曲「猿上がりシティーポップ」をパンキッシュに演奏すると、ラストは「やさぐれカイドー」で狂乱のクライマックスを迎えた。

 一度ステージを降りた秋山は、再び登場するとエフェクターのループ機能を使って、1人で「アンコール!」の合唱と手拍子を作り出すなど、リラックスした表情を見せる。「最後にもう一曲やって帰ります」と、ライブのタイトルにもなっている「とうこうのはて」をもう一度プレイすると、チャット上ではサビで一緒に合唱するように「とうこうのはて!」という文字が並び、視聴者との不思議な一体感が生まれた。なお、4月~5月には初の東名阪ツアー【一鬼一遊TOUR】が予定されている。



◎セットリスト
2020.3.8YouTube Live配信
01.とうこうのはて
02.クソフラペチーノ
03.クラッカー・シャドー
04.Drown in Twinkle
05.新曲
06.モノローグ
07.新曲
08.新曲
09.Caffeine
10.夕暮れに映して
11.スライムライフ
12.猿上がりシティーポップ
13.やさぐれカイドー
En1.とうこうのはて

◎リリース情報
アルバム『From DROPOUT』
<初回生産限定盤(CD+DVD)>
ESCL-5360~1 3,700円(tax in.)
<通常盤(CD)>
ESCL-5362 3,100円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい