KISS、ステイプルズ・センターで行ったライブで故コービーを追悼 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KISS、ステイプルズ・センターで行ったライブで故コービーを追悼

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
KISS、ステイプルズ・センターで行ったライブで故コービーを追悼

KISS、ステイプルズ・センターで行ったライブで故コービーを追悼


 現地時間2020年3月4日、米LAのステイプルズ・センターにてKISSがライブを行った際、フロントマンのポール・スタンレーが、今年初頭に命を落とした元NBAスター選手コービー・ブライアントを追悼した。

 ステージ上で、故コービーが現役時代に着用した24番をあしらった煌びやかなLAレイカーズのユニフォームに着替えたポールは、コービーの地元の観客から声援が上がる中、「俺たち誰もがここにはいないだろう、この場がバスケットボール選手以上の存在で、ロール・モデルだった存在を追悼する場でなければ」と述べ、「今夜のショーは、コービーと彼の娘ジジ(ジアナの愛称)だけではなく、あのヘリコプター事故で亡くなった全員へ捧げたい」と話した。

 そしてバンドは、1976年にリリースした『地獄の軍団』から「Do You Love Me?」へと突入し、1月26日にヘリコプター事故で亡くなった9名の搭乗者たちを追悼した。この約1週間前には、同じ会場で故コービーとジアナの追悼式が行われており、多くの涙が流れた。追悼式では、彼の妻ヴァネッサ、マイケル・ジョーダン、シャキール・オニールらが追悼スピーチをしたほか、ビヨンセ、アリシア・キーズ、クリスティーナ・アギレラなどが感動的なパフォーマンスを2人へ捧げた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい