DISH//、令和渾身のサウナソング「SAUNA SONG」MVでその魅力を余すことなく表現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

DISH//、令和渾身のサウナソング「SAUNA SONG」MVでその魅力を余すことなく表現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
DISH//、令和渾身のサウナソング「SAUNA SONG」MVでその魅力を余すことなく表現

DISH//、令和渾身のサウナソング「SAUNA SONG」MVでその魅力を余すことなく表現


 DISH//が、2020年2月26日に発売となった最新ミニアルバム『CIRCLE』より、収録曲「SAUNA SONG」のミュージックビデオを公開した。

 北村匠海を筆頭にDISH//のメンバーもサウナ愛好家(サウナー)ということもあり、「DISH//×サウナ」という異色のコラボレーションが実現した。作詞作曲はバンド・Lucky Kilimanjaroのである熊木幸丸(vo)がつとめ、歌詞の原案を北村匠海が担当。”90度の熱に触れて、君がすこしだけ昨日より優しく誰かを思いやれれば良い”という歌詞が印象的な、サウナの魅力を表現した楽曲となっている。

 ミュージックビデオ撮影では、東京都サウナスパ協会のサウナ公式飲料である、大塚製薬『ポカリスエット イオンウォーター』が水分補給を含めてサポート。サウナ愛好家の間で有名な埼玉県・草加健康センターを中心に撮影されているほか、サウナーとしても著名な女優・清水みさとも出演。サウナの魅力を余すことなく表現した、まさに「令和渾身のサウナソング」と言える映像作品に仕上がっている。



◎映像
DISH//「SAUNA SONG」ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/fWD3oEiyjdk

◎ギター&ヴォーカル 北村匠海 コメント
SNSが発達して、前向きではない言葉が目立つ世の中になっていると思います。
そんな言葉達が目立つ世の中だからこそ「みんなサウナに入って、ととのってしまえばいいんじゃないか?」そんな想いをLucky Kilimanjaroの熊木さんに話したことから、この「SAUNA SONG」が生まれました。
僕自身が17歳からサウナに通い続けていることも1つのきっかけです。
レコーディングも「SAUNA SONG」だからこそ、座って録ったりもしています。
ライブで披露する日を、楽しみにしていてください。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい