故Pop Smoke、ソロ名義楽曲で初の米ビルボード・ソング・チャート入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故Pop Smoke、ソロ名義楽曲で初の米ビルボード・ソング・チャート入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故Pop Smoke、ソロ名義楽曲で初の米ビルボード・ソング・チャート入り

故Pop Smoke、ソロ名義楽曲で初の米ビルボード・ソング・チャート入り


 20歳の若さで亡くなった故Pop Smoke(ポップ・スモーク)の「Dior」が、2020年2月29日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で49位に初登場し、ソロ名義楽曲として初のチャートインを果たした。

 現地時間2月19日に米LAの自宅へ押し入った強盗に射殺された彼の死を追悼し、大勢のファンが関連楽曲をストリーミングしたことが要因となり、2月20日で終わる集計週に「Dior」は、前週から105%増となる週間視聴1,2000万回を叩き出した。これをうけて、R&B/ヒップホップ・ストリーミング・チャート“R&B/Hip-Hop Streaming Songs”では22位、オールジャンルのストリーミング・チャート“Streaming Songs”では31位につけた。

 楽曲全体では、前週から29%増となる、週間視聴7,0000万回を記録。このうち、亡くなった19日には前日からの視聴回数が392%上昇した。

 「Dior」以前に、故ポップ・スモークは、先月最高69位につけたトラヴィス・スコット率いるジャックボーイズとのコラボ「Gatti」で、初めて“Hot 100”入りを果たしている。

 「Dior」のストリーミング人気が過熱する中、徐々にエアプレイでも火がついており、2月23日までの集計週のラップ・エアプレイ・チャート“Rap Airplay”では前週から58%増となり、23位から18位へジャンプアップした。R&B/ヒップホップ・エアプレイ・チャート“R&B/Hip-Hop Airplay”では、55%増の週間4,900万回をマークしている。また、同集計期間のリズミック・エアプレイ・チャート“Rhythmic Songs”では、前週から88%増となっている。

 「Dior」は、2月7日にリリースされ、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場7位を記録した最新ミックステープ『Meet The Woo, V.2』に収録されている。自身初のTOP10入りアルバムとなった今作は、初登場作品が多数あったため今週8位へワンランク・ダウンしているが、前週から11%増となる週間ユニット40,000を獲得し、最もユニットの伸び率が高かった<Greatest Gainer>に輝いている。

 また、これらのチャート・アクションをうけて、米ビルボード・アーティスト・ランキング“Billboard Artist 100”で、故ポップ・スモークは73位から37位へ上昇している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい