H ZETTRIO、“加工ナシ”の超高音質スーパーハイレゾ音源でアルバム2作配信 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

H ZETTRIO、“加工ナシ”の超高音質スーパーハイレゾ音源でアルバム2作配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
H ZETTRIO、“加工ナシ”の超高音質スーパーハイレゾ音源でアルバム2作配信

H ZETTRIO、“加工ナシ”の超高音質スーパーハイレゾ音源でアルバム2作配信

ピアノトリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)のデビューアルバム『★★★(三ツ星)』とベストセレクト盤『Passionate Songs』が、スーパーハイレゾ盤として生まれ変わることになった。音楽配信サイトmoraとe-onkyo musicから4月13日に新規配信される。

 従来のCDに収録された音源にくらべ、幅広い音域で録音することが可能なハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio)。CDは44.1kHz/16bitで収録されているのに対し、ハイレゾは96kHz/24 bit以上で収録されたものを指すが、今回リリースされるH ZETTRIOのアルバム2タイトルは、さらにその上をいくPCM384kHz/24bitとDSD11.2MHz/1bitが採用されているとのことだ。

 楽器の微細な音から人間の可聴領域を超えた高音までが完全に再現され、コンサートホールにいるのと同じかそれ以上の音楽体験が出来る。現在、多くの音楽データファイルやストリーミングファイルは、レベルの調整、イコライザー操作などの様々な誇張がなされているが、同2作品はオリジナルのスタジオ・マスター音源そのままの音を届けるため、一切の加工はされていないとのこと。スーパーハイレゾという大きな器を取り入れた事で、加工せずに本来の音を届ける事が出来るようになったという。

 今回、2タイトルに新たなミックスを施したのは、H ZETTRIOサウンドが定着して以降の作品でミックスを手掛けてきたエンジニアの三浦瑞生だ。もともと『Passionate Songs』は三浦の手によるものだが、『三ツ星』はまだ現在のサウンドが確立される以前の作品のため、今回どう生まれ変わっているか期待が高まる。

 同2作品はPCM384kHzバージョンとDSD11.2MHzバージョンが同時リリースされ、販売価格は単曲¥495(税込)、アルバム単位(10曲)¥4,400(税込)となる。

 H ZETTRIOは2月22日、東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにてライブハウス・ツアー初日を迎え、MCはほぼ無し、新旧織り交ぜた攻めのセットリスト披露した。


◎リリース情報
アルバム『★★★(三ツ星)』
SuperHigh-Resolution Audio[Remix by MIXER’S LAB]
2020.4.13 Digital Release
単曲¥495(tax out)
アルバム(10曲)¥4,400(tax out)

◎リリース情報
アルバム『Passionate Songs』
SuperHigh-Resolution Audio[Selected by MIXER’S LAB]
2020.4.13 Digital Release
単曲¥495(tax out)
アルバム(10曲)¥4,400(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい