【NBAオールスター・ゲーム2020】チャンス/リル・ウェイン/DJキャレド/クエイヴォ、ハーフタイム・ショーを盛り上げる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【NBAオールスター・ゲーム2020】チャンス/リル・ウェイン/DJキャレド/クエイヴォ、ハーフタイム・ショーを盛り上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【NBAオールスター・ゲーム2020】チャンス/リル・ウェイン/DJキャレド/クエイヴォ、ハーフタイム・ショーを盛り上げる

【NBAオールスター・ゲーム2020】チャンス/リル・ウェイン/DJキャレド/クエイヴォ、ハーフタイム・ショーを盛り上げる


 現地時間2020年2月16日に米シカゴのユナイテッド・センターにて行われた【NBAオールスター・ゲーム2020】で、地元出身のチャンス・ザ・ラッパーが、リル・ウェイン、DJキャレド、ミーゴスのクエイヴォら豪華ゲストを迎えたハーフタイム・ショーを行った。https://youtu.be/-1kEtzGwLAE

 まず、リル・ウェインとともに「No Problem」、DJキャレド、クエイヴォとともに「Hot Shower」と「I'm the One」をメドレー形式で披露し、観客を盛り上げたチャンス。続いてカニエ・ウェストの代表曲の一つ「Ultralight Beam」の自身のヴァースを、聖歌隊とパフォーマンスしたが、残念ながら試合に足を運んでいたカニエ本人の登場はなかった。そして、故コービー・ブライアントの映像が流れる中、チャンスは「I Was A Rock」をエモーショナルに歌い上げて、先月ヘリコプター事故でこの世を去ったコービーとその娘ジアナをトリビュートした。

 なお、試合開始前には、ジェニファー・ハドソンが「For All We Know」の圧巻のパフォーマンスを故コービーへ捧げた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい