アジカン後藤による「APPLE VINEGAR賞」ノミネートに長谷川白紙、NOT WONK、Dos Monosらの10作品 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アジカン後藤による「APPLE VINEGAR賞」ノミネートに長谷川白紙、NOT WONK、Dos Monosらの10作品

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アジカン後藤による「APPLE VINEGAR賞」ノミネートに長谷川白紙、NOT WONK、Dos Monosらの10作品

アジカン後藤による「APPLE VINEGAR賞」ノミネートに長谷川白紙、NOT WONK、Dos Monosらの10作品


 ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が設立した「APPLE VINEGAR -Music Award-」第3回、2020年のノミネート10作品が発表された。

 新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞「APPLE VINEGAR -Music Award-」。文学界での芥川賞を参考に、デビュー・アルバムに限らず、ミュージシャンがそのキャリア初期に発表した作品を評価する仕組みを作り、今後の作品制作をサポートする賞金を贈呈することで若手ミュージシャンを応援できれば、という思いを持ってスタートした。同時にリスナーが新しい音楽と出会うきっかけとなれば、という思いも込められている。

 第3回となる今年も、昨年発表されたアルバムから後藤が10作品をセレクト。選考会を経て大賞が決定する。審査員は後日発表予定。また、賞金は後藤が10万を用意、坂本龍一と亀田誠治も10万円を拠出しているとのこと。

 ノミネート作品の発表に伴い、特設サイトがオープン。ブログもすぐにアップされる予定。選考会と授賞式の模様は、昨年同様、特設のサイトで詳細にレポートされる。



◎後藤正文 コメント
今年もAPPLE VINEGAR賞の準備が整いました。
賞に込めた様々な思いを端的に書くのは難しいですけれど(長文はブログに書きました)、あえて一言で言うならば「夢や希望を将来の世代に手渡したい」。この言葉に尽きます。日本スゴイ!だなんて盲目的に思ったりしませんが、はっきりと面白いですよ、この国で生まれている音楽も。
10年、20年続いたときに振り返って、ほらね!と胸を張れる活動であったらいいなと思っています。いわば民俗史ですね。フォークロア。
今年も楽しんでいただけたら幸いです。

後藤正文

◎アワード情報
【第3回APPLE VINEGAR -Music Award-】
<ノミネート作品> 
01.『Agate』Black Boboi 
02.『Andless』Daichi Yamamoto 
03.『BODY』AAAMYYY
04.『Brown』Sweet William 
05.『Dos City』Dos Monos 
06.『Down the Valley』NOT WONK 
07.『Q曲』東郷清丸 
08.『エアにに』長谷川白紙 
09.『けものたちの名前』ROTH BART BARON 
10.『毎日来日』なみちえ 
※Album Titleアルファベット順


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい