【先ヨミ】氷川きよし『母』が1.9万枚で現在シングル首位、約10年ぶりセールス首位なるか 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】氷川きよし『母』が1.9万枚で現在シングル首位、約10年ぶりセールス首位なるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】氷川きよし『母』が1.9万枚で現在シングル首位、約10年ぶりセールス首位なるか

【先ヨミ】氷川きよし『母』が1.9万枚で現在シングル首位、約10年ぶりセールス首位なるか


今週のCDシングル売上レポートから2020年2月3日~2月5日の集計が明らかとなり、氷川きよしの『母』が19,377枚を売り上げ、現在首位に立っている。

 本作は2月2日にデビュー満20年を迎えた氷川きよしの35枚目のシングルで、表題曲の「母」の作詩をなかにし礼、作曲を杉本眞人、編曲を若草恵が担当している。3形態で発売された本作はカップリング曲がそれぞれ異なる。2月10日発表の週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で本作が1位になった場合、氷川は19thシングル『ときめきのルンバ』が2009年8月31日付けの同チャートで首位を獲得して以来、約10年ぶりのセールストップとなる。氷川は2月9日に大阪で発売記念イベントを控えている。

 続く2位は4人組グループ、mirage2の4thシングル『咲いて2』で、初動3日間で13,990枚を売り上げた。表題曲は彼女達が出演するTV番組『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』のエンディングテーマに起用されている。そして6人組男装ユニット、ael-アエル-の2ndシングル『白幻』が初動3日間で約600枚差の13,302枚を売り上げて速報3位に入り込んだ。本作は2019年7月にリリースされたメジャー・デビュー・シングル『終わりなきラプソディ』のそれを大きく上回る枚数を売り上げており、新たなファン層を掴んでいることが分かる。

 3週目の集計となるSnow Man vs SixTONESの『D.D. / Imitation Rain』とSixTONES vs Snow Manの『Imitation Rain / D.D.』は、今週前半3日間でそれぞれ10,543枚、8,327枚を売り上げてトップ5をキープ。『D.D. / Imitation Rain』は累計売上枚数80万枚を突破した。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2020年2月3日~2月5日の集計)
1位『母』氷川きよし(19,377枚)
2位『咲いて2』mirage2(13,990枚)
3位『白幻』ael-アエル-(13,302枚)
4位『D.D. / Imitation Rain』Snow Man vs SixTONES(10,543枚)
5位『Imitation Rain / D.D.』SixTONES vs Snow Man(8,327枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい