渋谷と青森の“音”を写真と映像で体感する【THIS SOUNDS GOOD?展】開催決定 荘子 it(Dos Monos)らが参加 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渋谷と青森の“音”を写真と映像で体感する【THIS SOUNDS GOOD?展】開催決定 荘子 it(Dos Monos)らが参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
渋谷と青森の“音”を写真と映像で体感する【THIS SOUNDS GOOD?展】開催決定 荘子 it(Dos Monos)らが参加

渋谷と青森の“音”を写真と映像で体感する【THIS SOUNDS GOOD?展】開催決定 荘子 it(Dos Monos)らが参加


 ブランデッドオーディオレーベルのSOUNDS GOOD(R)が、2020年3月5日から3月11日まで【THIS SOUNDS GOOD?展 #渋谷 x 都市 # 青森 x 農林水産業】を、カルチャーWEBメディアのCINRA.NETが中心となって運営する渋谷ヒカリエ8Fのイベント・ショップスペース、MADOにて開催されることになった。

 本イベントは青森県の特別協賛のもと、アーティストが集めた渋谷と青森の“ノイズ”(環境音・生活音)を写真と映像で体感するもの。SOUNDS GOOD(R)はこれまで、企業やブランドが持つ“固有な音”から「ASMR音源 - 脳や感情に働きかける“気持ちいい音”」を抽出し、アーティストによるコラボレーション楽曲などを通じてリスナーに届けていくことで、企業とリスナー(生活者、消費者)の新たな接点を作り出してきた。

 レーベル設立1周年を迎えたSOUNDS GOOD(R)は、既存の取り組みに加え、特定の地域や場所でアーティストが自由にノイズを集音することにより、アーティストならではの視点で“音の資産”を発見し、その場所の魅力を引き出すとともに、身近なノイズを楽しむカルチャーを提案していく新しい取り組み『THIS SOUNDS GOOD?』を立ち上げることになった。この『THIS SOUNDS GOOD?』の第一弾プロジェクトへの参加が決定した青森県庁とともに開催するのが、本イベントである。

 本イベントには、渋谷を代表して荘子 it (Dos Monos)、ermhoi (Black Boboi)、関口シンゴ (Ovall)、青森を代表して地元出身のナカコーの計4組のアーティストが参加。各アーティストが集めた音と、その音から生まれた楽曲を、今にも音が聞こえてきそうなビジュアルと共に展示される。来場者は、展示された写真の中にあるQRコードを自身のスマホで読み込むことにより、ノイズを視聴することができる仕組みとなっている。
 
 会期終了後、アーティストが集音したノイズと作った楽曲はSoundCloud、アーティストが音を集音している様子の映像はSOUNDS GOOD(R)のYouTubeほかにて公開される。また、アーティストが集音したノイズは、これまでのSOUNDS GOOD(R)の音源同様、音楽を制作する全てのアーティストに無料で提供される。

 さらに、会期初日の3月5日には、参加アーティストと青森県庁、SOUNDS GOOD(R)代表の安藤紘によるトークセッションが予定されている。


◎イベント情報
【THIS SOUNDS GOOD?展 #渋谷 x 都市 # 青森 x 農林水産業】
2020年3月5日(木)~3月11日(水)
11:00~20:00
東京・MADO(渋谷ヒカリエ8F)
入場料:無料
参加アーティスト:荘子 it (Dos Monos) / ermhoi (Black Boboi) / 関口シンゴ (Ovall) / ナカコー


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい