ガンズ・アンド・ローゼズ、「天国への扉」を故コービー・ブライアントに捧げる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ガンズ・アンド・ローゼズ、「天国への扉」を故コービー・ブライアントに捧げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ガンズ・アンド・ローゼズ、「天国への扉」を故コービー・ブライアントに捧げる

ガンズ・アンド・ローゼズ、「天国への扉」を故コービー・ブライアントに捧げる


 【Bud Light Super Bowl Fest】に2020年1月31日に出演したガンズ・アンド・ローゼズが、「天国への扉 / Knockin’ on Heaven’s Door」を故コービー・ブライアントに捧げた。

 このイベントは、【第54回 NFLスーパーボウル】に向けて1月30日から3日間行われた音楽フェスティバルで、31日は米マイアミのアメリカン・エアラインズ・アリーナでガンズがスヌープ・ドッグをスペシャル・ゲストに迎えてパフォーマンスを披露した。

 アクセル・ローズは同曲の演奏前に、「先日リハーサルからの帰り道で、“俺の見間違いか?あれ凄く変じゃないか?”って思うことがあったんだ。濃霧が木の上に雷雲みたいにかかっていた。とても白くて、少しだけピンクがかっていて、木の上に(かかっていた)。凄く変だったんだ。当時浮かんだ唯一の言葉が、“厄介そうだな”(looks formidable)だった。朝にはもっとひどくなっていたそうだ。そこを(コービーが乗っていた)ヘリコプターが飛んだんだよ。とても恐ろしかった」と自身の体験を話した。

 「この曲をコービーと娘さん、あのフライトの乗客全員と遺族、そしてこのひどい事故に影響を受けた全ての人たちに捧げる」と彼は続けた。

 元NBA選手のコービー・ブライアントと13歳の次女ジアナは、1月26日に米カリフォルニア州カラバサスで起きたヘリコプターの墜落事故で死亡した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい