【CDJ19/20】SILENT SIRENがノンストップのパフォーマンスでお祭り状態化させ沸かせ続ける<ライブレポート> 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【CDJ19/20】SILENT SIRENがノンストップのパフォーマンスでお祭り状態化させ沸かせ続ける<ライブレポート>

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【CDJ19/20】SILENT SIRENがノンストップのパフォーマンスでお祭り状態化させ沸かせ続ける<ライブレポート>

【CDJ19/20】SILENT SIRENがノンストップのパフォーマンスでお祭り状態化させ沸かせ続ける<ライブレポート>


 SILENT SIRENが【COUNTDOWN JAPAN 19/20 supported by Amazon Music】の初日、12月28日(土)のGALAXY STAGEに出演。ノンストップでファンとの確かな一体感を感じさせる熱量高いステージを披露した。

 メンバーがステージに出揃うと、すぅ(Vo・Gt)が「ノンストップでいくぞー!」と高らかに一言。そして1曲目の「フジヤマディスコ」がスタート。ギターでのイントロが流れ始めると一気に熱量は高まり大きな歓声が湧き上がる。サビの「フジヤマディスコ」のフレーズはファンも大合唱で頭上には扇子も多数舞い、これぞディスコという盛り上りも生まれていた。

 ゆかるん(Key)が前に出て「私の後に続いて大声で叫んでいくぞー!」と場内に呼びかけると「わっしょい、わっしょい、わっしょい、わっしょい」のフレーズの応酬が客席と交わされた。そして「サイサイのサイは祭りのサイじゃー!」と吠え「What show is it?」へ。コール&レスポンスの勢いそのままに曲中にもわっしょいコールが続き、熱狂度合いは一段と増していく。

 その興奮も冷めやらぬ中、今度はあいにゃん(Ba)が「まだまだ暴れられる?CDJかかってこいや!」と声をあげると自身がリードヴォーカルを務める「ALC.Monster」に突入。サビではすぅとのハーモニーも聞かせてくれた。さらに、ひなんちゅ(Dr)のパワフルなドラムがイントロで響き渡ると「女子校戦争」が始まり、続く「八月の夜」まで随所に各メンバーのソロパートもあり、彼女達が培ってきた演奏力の高さも映えるステージングを見せつけた。

 そして2020年に行われる10周年記念ライブのことをアナウンスしたのもつかの間、タオルを取りだすように促すと「ぐるぐるワンダーランド」で大勢のタオルが回される見事な光栄が作り出された。サビで曲が終わったかと思いきや、その瞬間を少しでも長く楽しみたいが如く、ゆかるんが「まだまだまだ」と声をかけ何度もそのフレーズを繰り返した。

 終盤に差し掛かった「恋のエスパー」ではエスパーポーズで場内が湧く中、すぅが曲の途中で「STOP!」と中断。曲名の通りエスパーらしく、超能力を使って時間を巻き戻す宣言をすると「フジヤマディスコ」を再びプレイ。扇子達も再度掲げられる中、ゆかるんが「時間がやばいから」とツッコむと「恋のエスパー」に戻っていくお馴染みのやりとりで場を和ませた。続けざまにラストになる「チェリボム」へと一気に駆け抜けていき、まさにノンストップで行われた、まさにサイサイ祭りとなったステージを締めくくった。

 印象的だったのは始めから終わりまで彼女達が絶やさなかった笑顔、そして数多く行われた客席とのやりとり。呼びかける声とそれに応える声が幾重にも交錯し続けたひと時は、これまでバンドとファンが育んできた時間の尊さを感じさせる温かさでライブ空間を満たしていた。


◎公演情報
【COUNTDOWN JAPAN 19/20 supported by Amazon Music】
2019年12月28日(土)
千葉・幕張メッセ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい