『1月30日はなんの日?』“まだ死んでない!”ワールドツアー大盛況で終幕、フィル・コリンズの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月30日はなんの日?』“まだ死んでない!”ワールドツアー大盛況で終幕、フィル・コリンズの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『1月30日はなんの日?』“まだ死んでない!”ワールドツアー大盛況で終幕、フィル・コリンズの誕生日

『1月30日はなんの日?』“まだ死んでない!”ワールドツアー大盛況で終幕、フィル・コリンズの誕生日


 1月30日はフィル・コリンズの69歳の誕生日。

 フィル・コリンズは1951年1月30日、英・ロンドン生まれ。1970年にジェネシスにドラマーとして加入し、その後フロントマンとして活躍。バンド活動と並行しソロとしても「恋はあせらず(You can't Hurry Love)」や「見つめて欲しい(Against All Odds (Take A Look At Me Now))」、そして「ユール・ビー・イン・マイ・ハート」(ディズニー映画『ターザン』主題歌)など多数のヒット曲を連発し、商業的に成功を収めている。

 コリンズは2011年に引退宣言をおこなっていたが、2015年にこれを撤回。2017年夏には約10年ぶりとなる大規模ツアー【Not Dead Yet, Live】(直訳:“まだ死んでない、生きている”)をスタート。ケガにより一部公演が延期となるハプニングこそあったものの、2度の欧州&北米ツアーのほか、南米、オセアニアなど世界各地で公演を行い話題に。同ツアーは昨年10月17日、米ラスベガスにて全97公演を終え、フィナーレを迎えている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい