【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り

【ビルボード】嵐「Turning Up (R3HAB Remix)」が2.8万DLで首位デビュー、BTS「Black Swan」TOP10入り


 2020年2月3日付(集計期間:2020年1月20日~1月26日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、嵐の「Turning Up (R3HAB Remix)」が28,347DL(ダウンロード)を獲得し、首位デビューを果たした。

 嵐にとって初のデジタル・シングル「Turning Up」のR3HABによるリミックスとなる同曲は、1月24日に配信開始となり、集計期間が週末のみだったにも関わらず、今週の“Download Songs”を制した。また、その話題性も後押しし、Twitter指標では9位につけ、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”14位にデビューした。

 嵐は「Turning Up」と「A-RA-SHI : Reborn」がいずれも本チャートで2週連続首位を獲得しており、リミックスもこの記録に並ぶことができるか気になるところだ。

 前週初登場1位をマークしたOfficial髭男dismの「I LOVE…」は、首位におよそ600DL届かず、2位へランクダウン。続く3位は、チャートイン50週目前となったKing Gnuの「白日」が23,762DLでキープしている。

 今週TOP10デビューを果たしたのは、「Turning Up (R3HAB Remix)」のみとなったが、1月17日にリリースされたBTSの「Black Swan」は、チャートイン2週目となる今週6位へジャンプアップし、TOP10入りを果たした。その結果、“JAPAN HOT 100”では前週35位から31位へと順位を上げた。


◎【Download Songs】トップ10
1位「Turning Up (R3HAB Remix)」嵐(28,347ダウンロード)
2位「I LOVE…」Official髭男dism(27,764ダウンロード)
3位「白日」King Gnu(23,762ダウンロード)
4位「Pretender」Official髭男dism(21,533ダウンロード)
5位「紅蓮華」LiSA(17,240ダウンロード)
6位「Black Swan」BTS(15,529ダウンロード)
7位「馬と鹿」米津玄師(12,382ダウンロード)
8位「まちがいさがし」菅田将暉(10,893ダウンロード)
9位「Teenager Forever」King Gnu(9,719ダウンロード)
10位「宿命」Official髭男dism(9,368ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい