ビリー・アイリッシュ、自らが監督した「everything i wanted」のMV公開「最高の作品ができた」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビリー・アイリッシュ、自らが監督した「everything i wanted」のMV公開「最高の作品ができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビリー・アイリッシュ、自らが監督した「everything i wanted」のMV公開「最高の作品ができた」

ビリー・アイリッシュ、自らが監督した「everything i wanted」のMV公開「最高の作品ができた」


 日本時間2020年1月27日に発表される【第62回グラミー賞】に史上最年少17歳で主要4部門(計6部門)にノミネートされ、パフォーマンスも行う予定のビリー・アイリッシュが、昨年11月に世界同時配信した新作「everything i wanted」のミュージック・ビデオを公開した。

 「フィニアスは私の兄であり親友である。たとえ何が起こっても、私たちはお互いのために寄り添い合う」というメッセージで始まるMVには、彼女の唯一のコラボレーター、プロデューサー、そして実の兄であるフィニアスが登場し、彼らの絆について感動的に触れた作品となっている。

 MVは、公開後わずか4時間で200万回再生越え、アメリカのYouTubeの急上昇ランキングでは1位を獲得している(日本時間1月24日午前10時現在)。

 ビリーは「この曲は私と兄がお互いについて書いた曲なの。たとえ何が起こっても、これからも、そしていつまでも一緒に乗り越えていくために寄り添い合う、それをミュージック・ビデオで強調したかった」と明かし、 「これは私が監督した2つ目のミュージック・ビデオ。このために何時間も何時間もかけて、最高の作品ができた。みんなが気に入るといいな」とコメントしている。

 加えて、彼女のインスタグラムのストーリーズでは、同MVの撮影風景も公開されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい