『1月24日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の大御所シンガー、アーロン・ネヴィルの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月24日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の大御所シンガー、アーロン・ネヴィルの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『1月24日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の大御所シンガー、アーロン・ネヴィルの誕生日

『1月24日はなんの日?』ニューオーリンズ音楽界の大御所シンガー、アーロン・ネヴィルの誕生日


 1月24日はアメリカ・ニューオーリンズの音楽界を代表するシンガー、アーロン・ネヴィルの79歳の誕生日。

 アーロン・ネヴィルは1941年1月24日、アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。ネヴィル兄弟の四男であるアーロンは、1960年にソロ・シンガーとしてデビューを果たし、その後、兄弟で結成したニューオーリンズ・ファンクの伝説バンド、ネヴィル・ブラザーズのリード・シンガーとして活躍。稀有な美しさを持つファルセット・ヴォイスが持ち味で、90年代にはリンダ・ロンシュタットとの異色デュエットが【グラミー賞】の<ベスト・デュオ賞>を受賞した。2013年にはドン・ウォズとキース・リチャーズの共同プロデュースによるブルーノート・レコード移籍第1弾アルバム『マイ・トゥルー・ストーリー』を発表するなど、ニューオーリンズという枠を超えて息の長い活動を続けてきた。

 ネヴィル・ブラザーズとしては2015年に地元ニューオーリンズでフェアウェル・コンサートを行っており、2018年4月にサックス奏者の兄チャールズ・ネヴィルが死去。アーロンは現在もソロ活動を続けており、昨年のクリスマス・ツアーに続き2~5月にかけて米国各地でコンサートを行う予定で、【ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバル】への出演も決定している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい